【クラウドワークス】タスクとプロジェクト、文字単価の相場を紹介!

【クラウドワークス】タスクとプロジェクト、文字単価の相場を紹介!

今回はクラウドワークスでの「文字単価の相場」を紹介します。タスクとプロジェクト、それぞれの相場を見てみましょう。

これからクラウドワークスでの対応を考えている人の参考になれば幸いです。



クラウドワークスの文字単価相場について

クラウドワークスの文字単価相場について

クラウドワークスでの文字単価は「0.01円以下~10円以上」となります。特に募集が多いのは「文字単価0.5円以下の記事」です。

この記事を作成した日の、最高単価と大抵単価を調べてみました。

1文字あたりの文字単価
仕事の種類 最高 最低
タスク案件 1円 0.1円以下
プロジェクト案件 10円 0.1円以下

表の通り、プロジェクト案件は文字単価が高い傾向にあります。ただし最低金額は、タスクもプロジェクトも0.01円以下です。

1000文字の記事作成をした場合の金額も見てみましょう。

文字単価 0.1円以下 0.5円 1円 10円
金額 100円以下 500円 1000円 10000円

プロジェクトは、タスクよりも単価が高い傾向です。

しかし、この日はありませんでしたが、タスクでも文字単価3円以上の仕事を見かけます。

そのため必ずしもタスクが安いとは言い切れません。

クラウドワークスのタスク案件は手軽で簡単です。webライターを始めるにあたり、何から手を付けたらよいか分からない場合は挑戦してみてはいかがでしょうか。この記事では、クラウドワークスの「タスク」案件の対応方法について分かりやすく紹介します。これからクラウドワークスを利用したいと考えているなら、ぜひ参考にしてみてください。

文字単価が低い記事

文字単価が低いのは以下のような記事です。ただし例外もあります。

  • 未経験者、初心者歓迎
  • 日記系の記事
  • かんたんなアンケート
  • 映画や漫画の感想記事

タスクでもプロジェクトでも共通です。

文字単価が高い記事

文字単価が高いのは以下のような記事です。こちらも例外があります。

  • 専門知識が必要な記事
  • 資格が必要な記事
  • SEOを意識した記事

プロジェクトの場合、応募後の審査に時間がかかることがあります。

応募には自己紹介や実績、ポートフォリオの提出、テストライティングが必要になることがあり、実績の有無にかかわらず、審査は厳しめです。

ポートフォリオについては以下の記事で紹介していますので、あわせてごらんください。

webライターの仕事では「ポートフォリオの提示」「過去に対応した実績」などを求められることがあります。そこでwebライターの仕事での、「ポートフォリオの必要性」や「作成時の注意点」などについて紹介します。これからwebライターの仕事をしようと考えているなら、ぜひポートフォリオを作成し活用することを検討してみてください。

テストライティング

プロジェクトは「テストライティング」が必要なものが多めです。

合格して互いに問題がなければ継続で仕事ができることもあります。

もちろんテストライティングで必ず合格するとは限りません。

不合格になったら改善すべき部分がないか見直しましょう。

「テストライティング」対応時の注意点について紹介します。クラウドソーシング・直接契約とも、WEBライターでは新規契約にあたり、テストライティングが行われることが少なくありません。テストライティングが不合格だと落ち込むかたもいるでしょう。対応時の注意や対応を検討するべきテストライティングなどを実務経験をもとに説明します。

文字単価だけでなく記事の難易度も考えよう

文字単価だけでなく記事の難易度も考えよう

初心者だからと、文字単価が低すぎる仕事だけを選ぶ必要はありません。特に経験年数などに指定がないのなら、積極的に単価が高めの仕事に応募してみましょう。

ただし文字単価だけでなく、「記事の内容・難易度」も意識する必要があります。

納品できない・執筆できない記事は、受けても大変になるだけです。

クラウドソーシングはシステム利用料も考慮しよう

契約金額から引かれるシステム利用料も考慮しましょう。得られる金額が安すぎると、継続する意欲も下がります。

システム利用料についての記事がありますので、ぜひチェックしてみてください。

クラウドソーシングサービスでは、システム利用料が発生します。利用するなら、実質的な文字単価についても検討してみる必要があります。システム利用料を減らしたい、と考えている人も多いはずです。そこでクラウドワークスでシステム利用料を減らす方法や、計算方法について紹介します。利用を考えているなら、ぜひ参考にしてみてください。

契約金額の種類について

契約金額の種類について

募集内容が「文字単価」ではなく「記事単価」の仕事もあります。

『1件2000円、ただし2万文字以上』この場合、文字単価は0.1円以下です。

文字単価なのか、記事単価なのか、しっかり確認する必要があります。

どちらが良いというわけではないと感じますが、やりがい搾取の記事ではないか、検討する必要があるでしょう。

「文字数上限なし」の仕事もある

文字単価が1円以上で「文字数上限なし」という仕事もあります。

この場合、1万文字なら1本で10000円を越えることに。

私は、このタイプの仕事が多めです。(2022年現在は違います)

ただし文字数の上限がないからといって、文字数稼ぎに見えるような記事を書くのはNG。過不足なく書くのが理想です。

単価交渉は対応次第

単価交渉は対応次第

クラウドワークスのプロジェクトでは「長期継続なら文字単価アップ」という記載も良く見かけます。これは相手次第です。

交渉しなくても単価が大きく上がる仕事もあるでしょう。

しかし「長期継続して納品本数も多く納期も守っているのに単価が上がらない」というケースもあります。文字単価アップの条件が「1か月の納品本数が100本以上」といわれた経験も。

私は基本的に単価交渉をしないタイプです。単価アップを謳っている募集なら、応募時に条件を確認しておくことをおすすめします。

金額が安すぎる仕事に注意

金額が安すぎる仕事に注意

仕事を探すときは「文字単価が安すぎる仕事」に注意が必要です。

初めにお伝えしますが、情熱を傾けて書くことができ、やりがいがあり、報酬に満足しているのなら、何も問題はないと考えています。対応するのがNGとまでは思いません。

ただ、そのやりがいを搾取しようとする人が存在するのが残念な現状です。

「ライティングスキルを指導しつつお仕事を依頼します」この系統の宣伝文句を見たら文字単価を計算してみてください。1000円で20~30記事という依頼もあります。

いくら実績を積みたくても、超低単価の仕事には手を出さないことをおすすめします。搾取されるだけです。モチベーションが維持できなくなります。

「安くて質の高い記事」を求められて、疲弊するのはつらいもの。

全体的に「クラウドソーシングサービスは手数料が高く単価は安い」といわれます。これは事実です。ただし仕事の選びかた次第だといえます。

実績を積むためだけに低単価の仕事をするなら、「文字数が少ない記事」「単発の記事」を選ぶことをおすすめします。

いずれにせよ契約するのは自分自身です。「文字単価や文字数、契約内容」は、しっかりチェックする必要があります。

クラウドソーシングで見かける超低単価案件。文字単価0.01円以下で「添削あり・指導あり・未経験者歓迎」という募集の話です。実際このような案件を受けた経験がある人に対して「実際に指導があったか」アンケートを行いました。どんな状況なのか、超低単価案件への応募を検討しているなら、まずアンケートの結果を参考にしてみてください。

納得できる仕事をするのが一番

単価が少しだけ高いとしても、作成に何日もかかるようであれば割にあわないものもあるでしょう。初回受注時は分からなくても、1~2回対応すれば気付くでしょう。

あわないな、と思ったら丁重に辞退しましょう。

単価も条件も良い仕事は、大抵、1件終わるごとに「継続可能か」を確認してくれます。

長く続けるのであれば、納得いく仕事をするのが1番です。

文字単価だけでなく作業時間や難易度も考えよう

文字単価だけでなく作業時間や難易度も考えよう

今回はクラウドワークスでの「文字単価の相場」などについて紹介しました。

文字単価も大切ですが、記事作成にかかる時間や難易度も考慮する必要があるといえます。

初心者のうちは文字単価も大切ですが「実績」も大切です。実績が多くなると、応募しなくても条件の良いスカウトや仕事依頼が届くからです。

実績を積みつつ、文字単価の高い仕事を探してみましょう。

またクラウドソーシングだけでなく、直接契約のお仕事を探すことできます。Indeedなどで探すのも良いでしょう。クラウドソーシング以外の手段も考えてみてくださいね。

Webライターが企業と直接契約をする方法について紹介します。手数料削減などのために、「そろそろクラウドソーシングを卒業して直接契約をしたい」と考えるかたもいるでしょう。しかし「どうしたら良いか分からない」と感じるかたもいるようです。そこで企業と直接契約をする方法を分かりやすく紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする