【記事のジャンル】メリットとデメリットが覚えやすい!「債務整理」

【記事のジャンル】メリットとデメリットが覚えやすい!「債務整理」

比較的募集が多いジャンルの1つに「債務整理」があります。

債務整理は明確にルールが決まっているので書きやすいジャンルの1つです。「借金関係」「公的支援」「過払い金請求」なども同系統として覚えておくと使えます。

どんな種類の記事を書いていくか検討中のかたは、ぜひごらんください。



もし債務整理を考えているなら

債務整理を考えて記事にたどりついたなら、基礎的な情報しかないことをお詫びします。なかなか踏み出せないかもしれません。しかし問題解決の手段として効果的です。ぜひ無料相談など活用して、前向きに検討してください。

「返済のために月々の収入を増やしたい」と考えているなら副業もおすすめです。クラウドソーシングなどを活用してみましょう。

クラウドワークスの登録方法を紹介しています。
【クラウドワークス】簡単!「クラウドワークス」の登録方法

まずは債務整理の種類を覚えよう

債務整理には、任意整理・個人再生・特定調停・自己破産があります。

共通しているのは「借金が減ったり、なくなったりする」ことです。借金問題を解決する方法の1つです。

本物の記事ではないため、手短にメリット・デメリットを紹介します。

任意整理

任意整理では財産を手放す必要はありません。ただし安定した収入が必要です。減らせる額は多くないものの、月々の返済額は軽減できます。

個人再生

個人再生は任意整理よりも減額の可能性が高いです。ただし安定した収入が必要です。財産を手放す必要がないため、家族に知られずに行うことも理論的には不可能ではありません。

自己破産

自己破産ではすべての借金を免除してもらえる可能性があります。収入も不要です。官報に掲載されます。家などを所持している場合は手放すことになるかもしれません。家族に知られる可能性は高いと考えられます。

特定調停

特定調停は自分でも手続きができます。費用を抑えることが可能です。ただし他の方法と比べると時間が掛かることがあります。財産を失うことがなく、官報には掲載されません。

債務整理関連記事の傾向

全体的に見ると、特定調停の記事は少なめです。募集が多いのが任意整理・個人再生・自己破産です。

「借金に悩むなら債務整理を!」という記事もあれば「債務整理をするまえに1本化を」という記事もあります。

文字数は、少なかったり多かったりで、ケースバイケースです。

債務整理は体験談の募集も多い

クラウドワークスのプロジェクト案件やタスク案件では、多々「債務整理の体験談」の募集を見かけます。

もし経験があるなら、体験談に応募する方法もあります。単価はピンキリですが、条件の良い募集も出ています。

いろいろ探してみることをおすすめします。

債務整理関連の記事を書くにあたって

自分のサイトなのでジャンル紹介のときは体験談を混ぜています。今回は少し重い話になりますが、ご了承ください。

基本的に、どの仕事も同じ熱量で対応しています。それでも個人的に1番「やりがい」を感じるのが、債務整理関連の記事です。

私は借金関連の自殺遺児です。借りた理由など知りません。ある日突然その事実を知り、困惑しているうちに置いて行かれました。

「もし当時の自分に知識があれば」「もし当時改正貸金業法があれば」と何度も思いましたが、過去は変えられません。そんなことをいっても、どうにもならないのです。しかし誰かの未来は変わるかもしれません。

借金関係の悩みは家族にも打ち明けづらいものです。もし、誰かが記事を読み、生きるための選択肢を増やせるなら、その記事には、とても高い価値があると考えています。

借金で死にたいくらい悩んでいる人もいるはずです。借金の理由も、人それぞれです。生活費、相続、娯楽、いろいろなものが考えられます。理由は関係なく、もし苦しいなら、状況を変えてほしいと感じます。

家族に突然世を去られるつらさなど、誰も味わう必要がないからです。苦しんでいる人に記事が届くなら、と考えています。

実際のところ、そこまでの熱量など、クライアントが求めていないはずです。

そのため文章自体は普通に書きます。ただ精神的に疲弊している人にも入っていきやすいような文を考えます。少しでも伝わりやすい言葉を選びながら。読み手を想定して書いているため、書きやすくもあります。

何を選ぶかは本人次第です。その選択肢が広がることを願いながら書いています。

最後に

法律が絡むと難しく感じるかもしれません。逆をいえば、法律さえ把握してしまえば書きやすいと考えられます。多数似たような記事があり専門用語も出てきます。そのためオリジナルの文章でもコピペチェックは欠かせません。

私が債務整理の記事を書く理由は極端な例です。「自分に関連があるジャンルは書きやすい」という実例でしょう。

難しいものの、書きごたえのあるジャンルです。

他にも記事のジャンルを紹介していますので、ぜひごらんください。
【記事のジャンル】創作が得意なかたにおすすめの仕事、「シナリオ」



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする