文章作成一覧

文章作成の基礎について分かりやすく説明します。

【分かりやすい文章作成法】ツールを活用して「表記揺れ」を防ごう!

分かりやすい文章を作成するためには「表記揺れ」を防ぐ必要があります。クライアントからレギュレーションで表記についての指定がある場合にも守らなくてはなりません。そこでツールやサービスを活用した表記揺れチェックについて簡単に紹介します。またスプレッドシートで誤表記を検出する方法についても紹介していますので、ご確認ください。

【分かりやすい文章作成法】言い換えに使える類義語・同義語の実例集

言い換えに使える類義語・同義語の実例集です。「いつも似た文章になってしまう」「コピペ率が下がらない」そんなときは、似た意味の言葉に置き換えてみてはいかがでしょうか。この記事では実務に使える言い換えの例を紹介しています。また使えるアイテムやツールについても紹介しています。実際に記事を作成する時の参考にしてみてください。

【分かりやすい文章作成法】コピペ率(類似度・一致率)の下げ方とは

webライターの仕事では「コピペ率」についてクライアントから指定が出る場合があります。「〇パーセント以下」といわれても下がらず「コピペしてないのに」と苦戦した経験を持つ人もいるでしょう。どんなにオリジナルの文章を書いても専門用語が多ければコピペ率は高くなるものです。この記事ではコピペ率の下げ方を実例を使って紹介します。

【分かりやすい文章作成法】文章のクセを改善して読みやすくする方法

誰でも「話し言葉」や「文章」のクセを持っています。しかしwebライターの仕事では分かりやすい文章を書かなくてはなりません。文章の読みやすさを上げるためには良い部分を残して悪いところを改善する必要があります。そこで、クセを把握し修正する方法・対策について実例をあげて紹介します。読みやすさを上げたいなら参考にしてください。

【分かりやすい文章作成法】主語と述語の「ねじれ」に注意して書こう

主語と述語がねじれていると、とても分かりづらい文章になってしまいます。しかし普段から文章を書いていても、ねじれてしまうことはあります。特に言い回しを変えたあとなどは、文章全体を見返してみなくてはなりません。また長い文章にも注意が必要です。読みづらさを防ぐために、この記事では主語と述語のねじれについて簡単に紹介します。

【分かりやすい文章作成法】webライターが注意したい誤字の実例集

「記事で見かける頻度が高い誤字」 の実例を紹介します。 webライターの仕事をするなら誤字には気を付けなくてはなりません。「打ち間違い」「覚え間違い」「変換間違い」 などは誰にでもあるものです。たとえ気を付けていても、誤字が生じる可能性はゼロではありません。 そこで、間違う頻度が高い誤字を知り、防止していきましょう。

【分かりやすい文章作成法】実例あり!曖昧な表現は言い換えて明確に

曖昧な表現をすると情報が伝わりにくくなってしまいます。そのため、webライターが書く記事やビジネス文書では「曖昧な表現」は言い換える必要があります。数字や場所などを入れて文章を分かりやすくする習慣を付けましょう。この記事では、実例を使った「分かりやすい文章の書きかた」について紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

【分かりやすい文章作成法】記事を書くなら「二重表現」に注意しよう

文章を書くときは「二重表現」になっていないかを意識する必要があります。記事を書くなら可能な限り、二重表現は避けましょう。この記事では「二重表現」について、実例を使って説明しています。また例外についてもいくつか紹介しています。これから「読みやすい文章を書きたい」と考えているなら、ぜひ記事の内容を参考にしてみてください。

【分かりやすい文章作成法】オリジナリティの高い文章を書き続けよう

webライターの仕事ではオリジナリティの高い文章を書き続ける必要があります。参考文献を確認しながら記事を書く場合も、オリジナルの文章で書かなくてはなりません。この記事では、なぜオリジナルの文章を書くべきなのかについて、紹介しています。これからwebライターの仕事を始めたいと考えているなら、ぜひ参考にしてみてください。

【分かりやすい文章作成法】把握しておきたい、「引用のルール」4つ

webライターの仕事では「引用」を行って説明する場合があります。もし引用する場合は、きちんとルールを守らなくてはなりません。そこでライティングの仕事で引用を行う場合に把握しておきたい「引用のルール」を4つ紹介します。現在対応中の仕事で引用を使わないという人もいるかもしれません。しかし引用のルールは把握しておきましょう。