【分かりやすい文章作成法】主語と述語の「ねじれ」に注意して書こう

【分かりやすい文章作成法】主語と述語の「ねじれ」に注意して書こう

文章を書くとき気を付けたいことの1つが、主語と述語の「ねじれ」です。長い文章は特に、主語と述語の「ねじれ」に気を付ける必要があります。

書いている時は気付きにくいものです。しっかり確認する習慣をつけなくてはなりません。

では主語と述語のねじれについて見て行きましょう。



主語と述語の「ねじれ」とは

主語と述語の「ねじれ」とは

主語と述語の「ねじれ」とは、「主語と述語が対応していない状態」をいいます。主語と述語の「ねじれ」が生じると不自然な文章になり、読みにくくなります。

例文を1つ紹介します。

ねじれの文章例 私の仕事は記事を書いています。

この文章は短いにもかかわらず、どこか読みにくいはずです。

正しい文章例1 私の仕事は記事を書くことです。
正しい文章例2 私の仕事はWEBライターです。

正しい文章例2では言い換えを行っています。「ねじれの例」よりも自然な文章です。

ねじれている文章はとても多い

読んでいて違和感がある文章には、ねじれが起きていることが多いので注意が必要です。どうしたら読みやすくなるのか考えなくてはなりません。

「いつも文章を書いているから大丈夫」と油断せず、チェックすることが大切です。

主語と述語の「ねじれ」が起きやすい文章とは

主語と述語の「ねじれ」が起きやすい文章とは

「主語と述語のねじれ」が起きやすい文章には、以下のようなものが考えられます。

  • 複雑な文章
  • 長い文章
  • 主語のない文章

では、1つずつ簡単に見てみましょう。

複雑な文章

「主語と述語のねじれ」が起きやすい文章1つめは、「複雑な文章」です。

文章は、単文・重文・複文に分けることができます。

単文…私は犬が好きです
重文…私は犬が好きですが、妹も犬が好きです。
複文…私は自分が育てている犬が好きです。

重文や複文は特に「ねじれ」が生じやすい文章です。

複文について引用でも紹介します。

例えば、「太郎がきのう花子に会ったのは彼女の家だった」は「太郎がきのう花子に会った」と「・・・のは彼女の家だった」の2つの節に分けられ、それぞれに「会った」「彼女の家だった」という述語が含まれる。
(引用元:Wikipedia-「複文」

文章を書くとき「単文か、重文か、複文か」まで考える必要はありません。

種類を問わず複雑な文章を書くときは気を付けましょう。

長い文章

「主語と述語のねじれ」が起きやすい文章2つめは「長い文章」です。

文章が長く複雑になればなるほど「ねじれ」は生じやすくなります。長い文章は複数に分け、不要な部分は削除したり言い換えたりしましょう。

webライターとして記事の依頼を受けると、1つの文章での文字数を指示される場合があります。1つの文章が短いと内容が分かりやすくなります。そこで実例を使い分かりやすい文章の文字数について紹介します。文章を書くのが好きな人は長文を書きがちな傾向にあります。長い文章を書く傾向にある人はぜひ記事の内容を参考にしてみてください。

主語のない文章

「主語と述語のねじれ」が起きやすい文章3つめは「主語のない文章」です。

日本語では、繰り返される主語は省略されることがあります。ただし主語の省略も「ねじれ」の原因につながります。主語を省略する場合は「ねじれ」がないか確認しましょう。

主語と述語の「ねじれ」を探して正解を考えてみよう

主語と述語の「ねじれ」を探して正解を考えてみよう

SNSや記事で読みづらい文章を見かけたら、「ねじれ」を探してみてください。「どこを直すべきか」を考えると文章の練習になります。

「ねじれ」は、大手企業のサイトでも見つけることができます。いうまでもなく、間違いを指摘する必要はありません。自分で文章を書くときに気を付けましょう。

例外

稀にですが、例外も存在します。

それは意図的に主語と述語の「ねじれ」を作っている場合です。

「ねじれ」によって、わざと読みにくくしているのです。漫画や小説などで混乱などを表現する手法として使います。

SNSでも、意図的な「ねじれ」は少なくありません。

主語と述語の「ねじれ」を防ぐ方法

主語と述語のねじれに注意しよう

主語と述語の「ねじれ」を防ぐためには、「普段から意識すること」をおすすめします。

日常会話では、だらだらと話すこともあれば、主語を省略することもありますよね。もちろん話し言葉なら問題ありません。

「1文を短くする」「主語を省略しない」などを意識すると効果的です。

校正ツールで「ねじれ」が検知されない場合もあります。そのため記事を書き終えたら確認することも大切です。

ライティングの仕事をするなら、なるべく効率よく進めていきたいものですよね。そこで、この記事では、webライターの仕事で使える便利なツールとスキルを紹介します。実際の使いかたについても簡単に紹介していますので、興味があるツールを見つけたらぜひ実際に使用してみてください。うまく活用して作業効率をアップさせていきましょう。

主語と述語のねじれに注意しよう

今回の記事でお伝えしたいのは「主語と述語のねじれに注意しよう」ということです。

難解だと感じてほしくないため、文法の話は最低限にしています。

もちろん文法も大切です。しかし意識しすぎると記事が進まなくなります。

今回の記事は普段よりも作成に時間が掛かっています。なぜなら「ねじれ」の確認を普段よりも多く行ったからです。

主語と述語は対応させる必要がある
「主語と述語のねじれ」があると読みづらい
「長い文章」「主語のない文章」には特に注意が必要
記事を書いたら文章を確認する

上記の4つを意識すれば、主語と述語のねじれが防げます読みやすさも上がります。

ぜひ意識してみてくださいね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする