【分かりやすい文章作成法】盗用はNG!盗用と引用の違いを知ろう!

【分かりやすい文章作成法】盗用はNG!盗用と引用の違いを知ろう!

「盗用と引用の違い」について記載します。誰かの文章をコピーして使うのが「盗用」です。

ライティングの仕事では盗用は絶対にNG。

では、盗用をしてはいけない理由などを見ていきましょう。



webライターの仕事で「盗用」は絶対にNG

webライターの仕事で「盗用」は絶対にNG

2016年ごろ、多数の「記事盗用」が発覚したことからDeNAは複数のサイトを閉鎖。大きなニュースとなりました。記憶に残っているかたも多いことでしょう。

この事件は、「そもそもマニュアルに問題があった」といわれています。

あたかも「盗用を推奨するようなマニュアル」がライターに出されていたというのです。

なぜ盗用をしてはいけないのか

盗用をしてはいけないのは「著作者法違反」だからです。前述の事件により、該当のサイトは閉鎖になっています。

現在は大抵の指示書に「転用、盗用は不可」と書かれています。「コピペ」も「盗用」と同じこと。「記事盗用を推奨するような仕事」はあれば断るのが無難です。

引用と盗用の違いとは

引用と盗用の違いとは

ここで「引用」についても少し紹介します。「引用」「盗用」はまったく別なものです。

それぞれについて念のため紹介します。

引用とは

著作権法で定められたルールを守ったうえで「著作物を利用する」のが引用です。

著作権者の許諾を取る必要はありません。

しかし必然性なく引用することはできません。

盗用とは

著作権法で定められたルールを守らず「無断で著作物を利用する」のが盗用です。

著作権法違反となります。

文章を引用する時のルールとは

文章を引用する時のルールとは

引用にはルールがあります。

  • 必然性があること
  • 自分の記事と引用する部分が区別されていること
  • 主従関係が明確であること
  • 引用元(出典)が明記されていること
  • 改変しないこと

「他のサイトから引用しました!」と書き添えるだけではNGです。

引用元も明記しなくてはなりません。

ルールについては下記も参照にしてください。

webライターの仕事では「引用」を行って説明する場合があります。もし引用する場合は、きちんとルールを守らなくてはなりません。そこでライティングの仕事で引用を行う場合に把握しておきたい「引用のルール」を4つ紹介します。現在対応中の仕事で引用を使わないという人もいるかもしれません。しかし引用のルールは把握しておきましょう。

引用とも盗用とも違う、「リライト」の作業

引用とも盗用とも違う、「リライト」の作業

引用とも盗用とも違う「リライト」という作業もあります。これは、「もともとある文章を書き直す」というものです。オリジナルを大幅に変える必要があります。

そうしないと一致率が高くなるからです。

リライトが「簡単な仕事」だと紹介されることも。しかし私は「簡単だとは言い切れない」と考えています。

痕跡なく書き換えるなら、ゼロから書くのと大差ないからです。

文章の引用をするならルールを守ろう

文章の引用をするならルールを守ろう

今回は「記事の盗用」について紹介しました。

「少しくらいなら分からないだろう」と考えるかもしれません。上位に表示されているのが「語尾は違うだけで、文面が同じ」という記事もあるのです。

多少表現を変えているだけなら読めば同じものだと気付きます。

記事を受注し続けるためには信頼が必要です。

その信頼を失わないためにも、「オリジナルの文章を書くこと」が大切です。

webライターの仕事ではオリジナリティの高い文章を書き続ける必要があります。参考文献を確認しながら記事を書く場合も、オリジナルの文章で書かなくてはなりません。この記事では、なぜオリジナルの文章を書くべきなのかについて、紹介しています。これからwebライターの仕事を始めたいと考えているなら、ぜひ参考にしてみてください。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする