地方在住でもWebライターは可能!メリットやデメリットなどを紹介

地方在住でもWebライターは可能!メリットやデメリットなどを紹介

地方在住でWebライターの仕事に就きたいと考えていませんか。対応に支障があるのか、気になる人も多いでしょう。

そこで地方在住でもWebライターの仕事ができるのか紹介します。



地方在住でもWebライターの仕事は可能

地方在住でもWebライターの仕事は可能

地方在住でもWebライターの仕事は可能です。筆者も地方在住ですが、支障なく仕事をしています。

Webライターなら、基本的には居住地・労働時間は自由です。

環境が整っているのなら、海外で仕事をしても問題はありません。旅をしながら働いている人もいます。

基本的にはパソコンやインターネット環境があれば大丈夫です。

仕事はオンラインで完結します。

地方在住でWebライターの仕事をするメリット

地方在住でWebライターをするメリットには以下のようなものがあります。

  • 生活費を抑えられる
  • 地域に特化した仕事もできる
  • 高収入を目指せる

3つの項目について、それぞれ紹介していきます。

生活費を抑えられる

地方在住なら、首都圏と比較すると生活費を抑えられます。

特に大きな違いとなるのが家賃です。首都圏と地方では家賃に大きな差が出ます。

地方にある実家に住むなら、家賃が必要ないというケースもあるでしょう。飲食店なども地方は安い傾向にあります。

出費を抑えられるのは大きなメリットです。

地域に特化した仕事もできる

地方在住なら、地域に特化した仕事もできます。

Webだけでなく、新聞・タウン誌など紙媒体での活動も可能です。

私もWebライターをする前は、地元の新聞やタウン誌などの記事を長く書いていました。

地域で取材ライターとして活躍する方法もあります。

高収入を目指せる

地方在住のまま、高収入を目指せるのも大きなメリットです。

首都圏と地方では最低賃金も大きく違います。さらに一般的な給与にも大きな違いがあるのです。転職サイトであるdodaが公表している、地域別の年収情報を紹介します。

関東 422万円
東海 393万円
関西 383万円
中国四国 377万円
北信越 374万円
北海道・東北 369万円
九州・沖縄 365万円

(参照:【47都道府県・地方別】平均年収ランキング 最新版 |転職ならdoda(デューダ)

関東と九州・沖縄の違いは57万円。一般企業で働くなら、地域格差は大きいもの。しかしWebライターなら、地域は関係なく働けます。

そのため地方で高収入を目指すことも可能です。

地方在住でWebライターの仕事をするデメリット

地方在住でWebライターの仕事をするデメリット

地方在住ならではのデメリットもあります。

特に大きなデメリットは以下の3つです。

  • 首都圏での対面の取材には対応しづらい
  • 社内ライターの仕事が少ない
  • 土地感覚が分からないと書きづらい記事がある

デメリットについてもチェックしてみてください。

首都圏での対面の取材は対応が難しい

地方在住なら、首都圏での対面の取材をするのは難しいでしょう。

交通費がすべて支給されるであれば、費用的な心配は不要です。しかし移動にも時間がかかってしまいます。そのため首都圏まで移動しての取材は効率的ではありません。

ただし現在はZoomなどオンラインでの取材が多いようです。そのため地方在住でも取材の仕事自体には対応できます。また取材なしの記事も多いため、特にデメリットだと感じていない人も多いでしょう。

社内ライターの仕事が少ない

地方では、社内ライターの求人が少ないのもデメリットです。フルリモートが可能なら、地方在住者でも問題なく応募できます。

しかし社内ライターでは「都内で面接があり出社が必要」といった求人も多めです。

求人によっては応募が難しいので、デメリットとなります。

土地感覚が分からないと書きづらい記事がある

個人的に、土地感覚が分からないと書きづらい記事があると感じます。

人口も多く観光客も多い首都圏は、話題のスポットが多めです。そこでスポット紹介の記事も多い傾向にあります。そして稀にですが、土地感覚がないと書きづらいと感じる記事もあるのです。

ただしアクセスは調べれば分かるため問題はありません。もちろん対応する記事の内容によります。まったく気にならない人も多いでしょう。

地方でWebライターの仕事を探す方法

地方でWebライターの仕事を探す方法

地方でWebライターの仕事を探す方法を紹介します。他にもいろいろありますが、代表的な方法は以下の3つです。

  • クラウドソーシングサービスを使う
  • 求人サイト・副業プラットホームから探す
  • 企業に直接応募をする

これからWebライターを始めたいのなら、興味がある方法を試してみてください。

クラウドソーシングサービスを使う

手軽にWebライターの仕事を始めるのなら、クラウドソーシングが便利です。クラウドソーシングとは、不特定多数の人に業務を外注できるサービスを意味します。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • クラウディア

クラウドソーシングには仮払いのシステムがあります。請求書を発行する手間もなく、業務の一元管理が可能です。ただし手数料の大きさから敬遠する人もいます。個人的には使い方次第だと感じていました。

まずは試してみたいのなら、クラウドソーシングに挑戦してみるのも良いでしょう。

クラウドワークス

日本最大級のクラウドソーシングサービスが「クラウドワークス」です。ライターに限らず、さまざまな仕事の募集が出ています。

私もWebライターを始めるきっかけがクラウドワークスでした。20パーセントと手数料が大きいものの、便利なサービスだと感じます。

まったく経験がないのなら、クラウドワークスから試すのも手軽です。

クラウドワークスについては別な記事で詳しく紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。Webライターの始め方は?「クラウドワークス」の登録方法を紹介!

実際に利用していたため、本ブログは他にもクラウドワークス関連の記事が多数あります。ぜひ併せてご確認ください。

クラウドワークスには以下のバナーから登録できます。

ランサーズ

ランサーズも日本最大級のクラウドソーシングサービスです。会員登録・依頼・提案・各種機能の利用は無料。ただし仕事の成約時には利用手数料がかかります。

仮払いがあり、発注者は支払う予定の報酬をあらかじめ振込。納品が完了すると、受注者に報酬が支払われます。

無料のサービスですので、まずは登録して仕事をチェックしてみましょう。

以下のバナーから登録が可能ですので、ぜひ登録してみてください。
クラウドソーシング「ランサーズ」

クラウディア

手数料の安さでクラウドソーシングサービスを選ぶなら、おすすめはクラウディアです。クラウディアの手数料は最低3パーセント。もちろん仮払いシステムもあります。

リスクだけでなく経費も抑えたいなら、クラウディアが便利です。

クラウディアについても詳しく紹介している記事がありますので、チェックしてみましょう。【副業各種】クラウドソーシングサービス「クラウディア」の登録方法

業界最大級といわれる他社と比較すると、案件数は少なめとなっています。そのため他のサービスと併用するのがおすすめです。

クラウディアには以下バナーから登録できます。ぜひ詳細を確認してみてください。

求人サイト・副業プラットホームから探す

ライターの仕事をするのなら、求人サイトから探す方法があります。

Indeed「Webライター 業務委託」と検索してみましょう。多くの案件がヒットして、自由に閲覧できます。実際にIndeedで応募して契約に至った企業も複数ありました。

また副業プラットホームを利用する方法もあります。

副業プラットホームなら、「WorkAny」も便利です。まだ比較的新しいサービスであるため、案件数は少なめですが、ときどきメールが届きます。

「WorkAny」については別な記事で詳しく紹介していますので、ぜひごらんください。
Webライターも!無料の副業プラットホーム「WorkAny」とは

登録は簡単で、細かいスキル設定が可能です。またクラウドソーシングサービスと違い、ワーカー側には手数料がかかりません。

興味があったら、ぜひ登録してみてくださいね。

企業と直接契約をする

Webライターをするのなら、企業に直接応募する方法もあります。

「Webライター 〇〇(執筆したいジャンル)」などのキーワードで検索してみましょう。

該当する募集があれば表示されます。

企業によっては単価などの記載がないので、確認が必要です。

また普段読んでいるサイトで、ライター募集を行っているケースもあります。執筆したいと感じる企業があるのなら、直接応募するのも良いでしょう。

直接契約についても別な記事がありますので、ぜひチェックしてみてください。
Webライター募集はどう探すの?企業と直接契約をする方法を紹介

地方在住者にとってWebライターは魅力的な仕事

地方在住者にとってWebライターは魅力的な仕事

Webライターは、地方に住んでいても基本的には支障のない仕事です。私が知る限りでも、多くのライターさんが地方で活躍しています。

勉強は必要ですが、初心者でも挑戦しやすいのがWebライターです。良いお仕事に巡り合えるかは運的な要素もありますが、収入自体は自分次第。無限の可能性がある仕事です。

もちろん続けていくには努力が必要だと感じています。しかし、努力が必要なのは他の仕事も同じですよね。

  • 地方在住のまま文章を書く仕事がしたい
  • ライフスタイルに合わせて働きたい

そう考えるのなら、Webライターに挑戦してみるのもおすすめです。

興味があれば、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする