【webライターにアンケート】超低単価案件で指導や添削はあった?

【webライターにアンケート】超低単価案件で指導や添削はあった?

『ライティングの基礎を学べます・添削します・サポートします・未経験者歓迎』

0.01円以下の低単価でも、「基礎が学べるなら応募したい」と考える未経験者がいるかもしれません。

今回は、そんな仕事について「実際どうだったのか」アンケート結果を紹介します。

なお、この記事は特定のクラウドソーシングや、発注者を批判する内容ではありません。

⇒契約金額から利用料が引かれることも意識して選びましょう

クラウドソーシングサービスでは、システム利用料が発生します。このシステム利用料を減らしたいと考えている人も多いはずです。そこでクラウドワークスでシステム利用料を減らす方法や、計算方法を紹介します。



今回アンケートを実施した経緯について

『ライティングの基礎を学べます・添削します・サポートします・未経験者歓迎』という謳い文句で、「40,000文字1000円」という案件を見つけました。

文字単価0.025円。

この件についてツイートしたところ、複数のリプをもらいました。さらに「200,000文字で3,000円(文字単価0.015円)」という仕事の情報が。

クラウドソーシングでは低単価の案件もあります。ただし、仕事は自分で応募するものです。そのため私は、「希望したのなら書くもの」という考えです。

とはいえ0.1円以下は安すぎます。

「webライターはきつい」「webライターは稼げない」と感じそうです。

ただし、低単価である代わりに「添削します・サポートします」と書かれています。本当にサポートがあり添削してもらえるなら、メリットもあるかもしれません。

そこでアンケートを実施しました。

「低単価でもライティングが学べる」アンケートの結果

結果を見ていきましょう。

低単価案件で『しっかり指導してもらえた』という経験があるかアンケート
総投票数 101票
開催期間 2日
投票結果
ある 6.9%
ない 25.7%
閲覧用 67.3%

(低単価案件を受けた経験がない人もいるので、今回は閲覧用を設けています)

(画像クリックで実際のアンケート結果が見られます)

ざっくり計算すると、閲覧は68人。

33人が低単価案件を受けた経験があり、そのうち26人は指導を受けていません。内容は不明ですが、7人は指導を受けています。

80%近くが、「サポートはなかった」と感じている計算になります。

指導や添削が受けられるなら、メリットはあるのかもしれません。しかし実情として、添削が行われるケースは少ないようです。

超低単価案件でサポートがない理由とは

ある募集には、「安く記事を集めたい」という意図が明記されていました。発注者は安く記事が集められる、未経験者は仕事ができる、と。

サポートがない理由として、「記事を集めたいから」というものが考えられます。

ただし、きちんとしたマニュアルがあれば、将来的に役には立つかもしれません。

  • 文章作成の基礎
  • ワードプレス操作方法
  • 画像のダウンロードができるサイト

上記の知識は使えます。

添削がないなら、文章として問題がないだけかもしれませんが、判断しかねます。

高単価の仕事ほど、単価が上がっていく傾向がある

求められる記事を書いていると、文字単価が上がる可能性があります。良単価の仕事ほど、単価が上がりやすい傾向です。

そもそも記事の質さえ良ければ、年数も実績もあまり関係がない世界です。初心者だから「低単価案件を選ばなくてはならない」というわけではありません。

1日に何文字執筆可能ですか?

ここで質問です。

1日に何文字執筆可能ですか。

経験を積んだ人なら、リサーチ込みの時間が予測できるはずです。しかし初心者や未経験者なら、即答が難しいのではないでしょうか。

何日掛かるか想像もせず応募するのは、おすすめしません。

私はリサーチ、推敲まで含めて、上限は25,000文字/日です。

多めだと認識していますが、それでも40,000文字を書くのに2日かかります。20万文字であれば10日近いです。10日間その仕事だけ対応して3,000円では、難しいです。

初心者・未経験者なら、つらくなりませんか。

⇒時間を使って記事を書くなら、記事ひろばで直接記事を売ってみるのもおすすめです。

アフィリエイトサービスの「afb」で提供している「アフィbひろば」にある「記事ひろば」を紹介します。「記事を売ってみたい」「副業したい」と考えているかたにおすすめです。特にライターにとってはおすすめの副業です。afbの登録方法や、記事ひろばの利用方法・メリットをくわしく説明していますので、ぜひチェックしてみたください。

低単価案件への応募を考えているなら慎重に

もし低単価案件への応募を考えているなら、慎重に、執筆にみあう報酬か考えましょう。

作成にかかる所要時間は必ず考えてください。

超低単価案件についてクラウドソーシングや発注者を批判する声があるのは、当然です。個人的には「クラウドソーシングでも取り締まってほしい」とは感じます。

しかし、そもそも契約するのは本人です。

応募する人がいる限り、低単価での発注は続くに違いありません。まさに「需要と供給」なのです。「発注する人が悪い」「応募する人が悪い」という話をしたいのではありません。

webライターがきついと感じないよう、応募する案件を見直してほしいのです。

サービス側でも、「相場に対して低い可能性がある」などの注意喚起をしています。SNSでは、文字単価の話題が常に出ています。

しかし上を見ても下を見てもキリがないので、他人と比較する必要はないです。

相場ではなく「自分にとってどうなのか」を考慮してみましょう。

最後になりますが、アンケートにご協力くださった皆様、ありがとうございました!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする