webライターの仕事をするなら『詐欺』の疑いがある話には要注意!

webライターの仕事をするなら『詐欺』の疑いがある話には要注意!

詐欺疑いの話や悪質な話には注意しなくてはなりません。webライター以外でも同様です。

ここではクラウドソーシングやSNSで見かける話をします。

実際の詐欺メールも掲載していますので、ぜひ読んでみてください。



webライターに限らず詐欺には注意が必要

webライターに限らず詐欺には注意が必要

過去に詐欺対策関連の仕事を経験しました。詐欺から利用者を守る側です。

そのためオンラインでの詐欺犯罪については様々な手口を知っています。それでも昨年、不正アクセスによるゲームアカウントの詐欺被害に遭った経験が。

仕事が忙しく徹夜明けの深夜。おそらく、どこか抜けていたのでしょう。警察に行くことになり、とても面倒でした。

詐欺に遭わない最大の対策は、詐欺の手口を知ることだといわれます。それでも引っ掛かるときもあるのです。

記事で紹介するものは「詐欺の疑いもある」「悪質だと考えられる」話です。ただし詐欺そのものにあたるかどうかまでは不明です。

直面したら自分で判断しなくてはなりません。紹介したものと近い話であっても、詐欺ではない可能性もありますのでご了承ください。

「君子危うきに近寄らず」の言葉もあります。気を付けましょう。

クラウドソーシングでの悪質な話に気を付けよう

クラウドソーシングでの悪質な話に気を付けよう

クラウドソーシングでの事例を5つ紹介します。実際に見た!という人もいるでしょう。

嫌な経験があるなら、次は同じ案件に応募しないよう、気を付けなくてはなりません。

いま悩んでいるなら、冷静に検討する必要があります。

例1.プロジェクトに応募したらLINE登録に誘導

クラウドソーシングで比較的多い話です。低単価の場合もあれば、高単価の場合もあります。

最終的に何をさせるのかが不明です。

ただの広告なのかもしれないし、情報商材への誘導かもしれません。

いずれにせよ、応募してLINEに誘導されたなら警戒してください。

サービス外への誘導は、規約違反です。何かあってもクラウドワークスのサービス対象外になりますので、自己責任で対応しなくてはなりません。

例2.荷物を発送する仕事

「荷物を発送するだけの仕事」は注意が必要です。トラブルになっている例もあります。

過去にテレビでも取り扱われていました。内容については各社違うはずです。

不安要素があれば違う仕事に応募してください。

参考までにクラウドワークスの「みんなの相談室」から引用で事例を紹介します。

契約後、私の自宅に商品が届くため、住所と氏名を教えてほしいと言われて、先方に教えました。
そして、届く商品リストをメッセージで送ってきました。
内容はサプリメントや健康ドリンクばかりです。
物によってはサンプルのものもありますが、サンプルではなく購入品で支払い用紙も同梱されています。
支払い用紙は先方が まとめて支払うので、商品と一緒に送って欲しい、とのことです。
発送に関しては、届いた商品と支払い用紙を「着払い」にて先方に送る、ということです。
なぜ私名義で?と、よくよく考えるの不安になってきたので相談させていただきました。
(引用元:クラウドワークス「みんなの相談室」)

「なぜワーカーの名義で送るのか」という疑問を持つのは当然です。これは「商品の送りつけ」のように見えます。

「送りつけ商法」とは、注文を受けていないのに一方的に商品を送りつける手法です。

誰かに荷物を送ったとして、着払いなら拒否される可能性があります。この事例で、送付先に拒否されたら送料を負担するのは、送り主。つまり一時的かもしれませんが、受け取り拒否をされたらワーカーが送料を負担するはず。

注意しなくてはなりません。

例3.テストライティングの報酬がゼロ

これはクラウドワークスの話です。「契約前に無報酬でテストライティングを依頼」することはガイドラインでの禁止事項です。

クラウドワークス「よくある質問」

報酬の額は案件により違いますが、本案件より少し安いか、同等というのが一般的。

無報酬のテストライティングを依頼された場合は「違反報告する」から報告するよう、クラウドワークスも求めています。

※ただし直接契約では、テストライティングが無報酬というケースがあります。

テストライティングでもきちんとした報酬を支払ってくれる仕事を探しましょう。

「テストライティング」対応時の注意点について紹介します。クラウドソーシング・直接契約とも、WEBライターでは新規契約にあたり、テストライティングが行われることが少なくありません。テストライティングが不合格だと落ち込むかたもいるでしょう。対応時の注意や対応を検討するべきテストライティングなどを実務経験をもとに説明します。

例4.仮払いのない状態での納品要求

たとえばクラウドワークスなら「仮払い完了後に納品」というルールです。

しかし仮払いのない状態で納品をしたら相手と音信不通という事例が実際に存在します。

基本的には、作業前に仮払いを要求しましょう。

早めの納品自体は良いことです。

しかしクラウドソーシングサービスを利用するなら、リスクを軽減すためにも、ルールを守ることを強くおすすめします。

例5.入会金を求められる

悪評を考察した記事でも少し紹介しています。

「仕事をするメンバーになるためには3万円の入会金が必要」といった内容です。

冷静に考えると『モデルになろうとしたら登録料を請求された』の話と似ています。

昔は多かった話です。

高単価の仕事がほしいと考えていたとしても、スルーしておきましょう。

クラウドワークスはやばい、稼げないという悪評もありますが、実際にはそんなことはありません。利用者の使い方次第です。そこで「クラウドワークス」のアプリに対して寄せられていた悪いレビューをピックアップし、「実際利用していてどう感じるか」を1つずつ紹介します。クラウドワークスの利用を考えているなら、ぜひ参考にしてください。

SNSでも詐欺には注意

SNSでも詐欺には注意

次にSNSで見る事例を紹介します。

webライターをするにあたりSNS運用をしている人も多いでしょう。

ライターとは直接関係ないかもしれませんが、あわせて紹介します。

例1.情報商材やLINE、動画への誘導

SNSでフォローやフォローバックしたら届くDMの通知。なんだろうと開けてみると丁寧なごあいさつ。そしてそこから怒濤の長文が!

このDMがあまりにも多いので、運用開始当初は驚いたものです。

「夢や目標はありますか!」

「個人で稼ぐことに興味はありますか!」

「稼ぐ方法を知りたくありませんか!」

LINE・オンラインサロン・セミナー・動画への誘導が多めです。それだけ誘導されてしまう人がいるとも考えられます。

初回は無料と聞いて挑戦する人もいるようです。もちろん中には良い話もあるでしょう。

情報商材=詐欺とまでは言えません。「数十万費用が掛かったが成果が出なかった」としても、必ずしも詐欺だと断定できないのです。価値のある教材だったとしても活用できるかどうかは本人次第というところもあります。

納得行かないものに高額な費用を払うのは、避けたいところ。誘導を受けたら慎重に考えてください。

例2.国際ロマンス詐欺

「国際ロマンス詐欺」を知っていますか。いろいろ名前があり「国際恋愛詐欺」や「ナイジェリア詐欺」とも呼ばれます。

「ナイジェリア詐欺」は別の内容もあるため今回は「国際ロマンス詐欺」で統一します。

多少のバリエーション違いはありますが、国際ロマンス詐欺は、シンプルな構成です。

まずは挨拶から始まり、Instagramを見て興味を持ったといわれます。そこから相手の身の上話が始まります。相手は医者で、妻を亡くしたばかり。息子と失意の日々を過ごしていたが偶然見たSNSで、あなたの笑顔を見て興味を持ち、連絡してきます。そして突然「息子を連れて日本に行くので会えないか」と。

怒濤の展開です。2018年になりますが私にも届き、国際ロマンス詐欺だなーと思いました。

数時間やりとりをしたデータが残っているため、近いうちに別な記事で紹介します。

ここには2枚だけ写真を載せておきます。

「私はスティーブとあなたですか」、この始まりがおもしろいですよね。

返事をしたのは、名前が思い出せない外国人の友達がいるからです。

数年前に妻を失いアレックスという息子と暮らしている可哀想な医師のスティーブ。彼はシリアの米軍キャンプに行くそうです。「どう考えても不審」「引っ掛かる人はいないのでは」と思うかもしれません。

しかし実際に被害者も存在しニュースでも取り上げられています。退屈しのぎには良いですが、詐欺ですので気を付けましょう。

現在も横行している『国際ロマンス詐欺』。実際に被害者も出ている詐欺です。Instagramを使っている人は注意する必要があります。この記事では、実際に届いたDMの画像を使い、どういう詐欺なのかを紹介しています。仕事やプライベートでInstagramを使っている人は、詐欺の手口を知るためにぜひチェックしてみてください。

webライターでも、それ以外でも、詐欺には注意

webライターでも、それ以外でも、詐欺には注意

昨夏、詐欺案件で警察には行ったものの、話を聞いてもらっただけです。

疲れていれば気付かないこともあるでしょう。身をもって体験しました。

クラウドソーシングサービスでも、SNSでも、詐欺には注意が必要です。

詐欺をはたらく人は巧妙で、話も上手なもの。

しっかり気を付け、可能な限りリスクを回避してくださいね。

「マカフィーを騙る悪質なアドウェアによる警告」について紹介します。リサーチ中などに踏んだURLなどが、原因でウイルス感染を思わせる警告画面が出ることがあります。そのためwebライターのお仕事をする人でも、覚えておくといざというとき安心です。また、似たような系統となる「電話サポート詐欺」についてもあわせて紹介します。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする