実務をしていて感じるWebライターの「メリット」と「デメリット」

実務をしていて感じるWebライターの「メリット」と「デメリット」

実務を通じて感じる「Webライターのメリットとデメリット」を紹介します。

個人差がありますので、あらかじめご承知おきください。



Webライターのメリット

私が感じるwebライターのメリットは次の3つです。

  • どこでも作業できる
  • いつでも作業できる
  • 収入は自分次第

メリットについて、もう少し詳しく見てみましょう。

Webライターのメリット1.どこでも作業できる

メリット1つめは「どこでも作業できる」ということです。

通勤もありません。日本中どこにいても作業が可能。

これは大きなメリットだと感じます。直接入稿の仕事も増えています。快適です。

私はPCの使用を推奨しますが、「スマホやタブレット」でも作業は可能です。

Webライターのメリット2.いつでも作業できる

メリット2つめは「いつでも作業できる」ということです。

私の場合は専業です。そのため「起きたら作業、終わったら寝る」という日々です。その代わり「終わらないと眠れない」というときもあります。

副業の場合は「1日の作業時間」を決めると楽です。

本業に支障をきたさない範囲で対応しましょう。

Webライターのメリット3.収入は自分次第

メリット3つめは「収入は自分次第」ということです。

会社員時代の話をします。

私がいままで経験したのは「事務」「カスタマーサポート」「接客」などの仕事です。

いずれの業種でも「月の残業が100時間を越えたこと」があります。「過労死のボーダーライン」など何度越えたか分かりません。しかし全額残業代が出た会社は「1社のみ」なのです。強制的に出社させサービス残業ということも、多々ありました。

Webライターとして私は「稼働時間は長め」です。ただ会社員時代より精神的には楽です。たとえ少額だとしても自分が稼働した成果が手に入るからです。

メリットが多いかは、そのひと次第

「誰でも挑戦できる」「いつでも始められる」もメリットだと感じます。

興味があれば、誰でも挑戦できます。

ただし続くかどうかは本人次第です。また、収入を手に入れられるかも本人次第です。

やりがいはあります。だから続けています。

3万円を稼ぐ方法についてのイメージを紹介しています。あわせてごらください。
【クラウドワークス】きつい?副業webライターで月3万円稼ぐ方法

Webライターのデメリット

私が思うデメリットは以下の3つです。

  • 時間の配分が難しい
  • 収入が稼働時間に左右される
  • 入力速度が収入を左右する

デメリットについても見ていきましょう。

Webライターのデメリット1.時間の配分が難しい

デメリット1つめは「時間の配分が難しい」ということです。

単発の仕事だけなら難しくありません。

しかし継続案件が増えると、いつか「納期が重なるタイミング」が発生します。融通が利くクライアントもいますが、その限りではありません。

Webライターのデメリット2.収入が稼働時間に左右される

デメリット2つめは「収入が稼働時間に左右される」ということです。

有給休暇もありません。稼働時間が減れば収入も減ります。

高単価の仕事を掴むか、大量に対応するか。「副業として月に2~3万円稼ぐ」という方法も可能ですが、時間が取れなければ難しいです。

Webライターのデメリット3.入力速度が収入を左右する

デメリット3つめは「入力速度が収入を左右する」ということです。

考える時間も含めた入力速度です。「PCの入力は苦手」という場合は訓練も必要です。

誤字・誤変換にも気を付ける必要があります。ただし入力は練習で早くなります。

デメリットは改善できる

デメリットは改善できます。

時間配分は自分で決められます。働きかた次第で収入も安定します。入力も練習すれば早くなります。

そのため気にしすぎも良くないと感じます。

webライターにもメリットとデメリットがある

他の仕事と同様に、webライターにもメリットとデメリットがあります。

個人的にあまりおすすめしたくないのが「未経験で最初から専業として始めること」です。

もちろんうまくいく人もいるでしょう。それでも、可能なら「ダブルワーク」または「貯金がある状態」でお試し期間を設けるのがおすすめです。

日本人の平均年収は減少傾向にあります。ダブルワークを推奨する会社も増えています。それでも会社員なら休日がありますよね。状況によっては賞与も出るでしょう。しかし専業は「休日なし」「賞与なし」です。

Webライターは副業として手軽なものの1つです

私はクラウドワークスの仕事などを中心に対応しています。どんな内容の仕事があるか、ぜひ実際にサイトを確認してみてください。

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする