【分かりやすい文章作成法】開く?閉じる?漢字の使いかたを見直そう

【分かりやすい文章作成法】開く?閉じる?漢字の使いかたを見直そう

日常的に使う漢字。

使いかたにも個性が出ます。

そんな漢字の使いかたを見直すと、文章がさらに分かりやすくなる可能性があります。

それではさっそく見ていきましょう。



漢字を開くか、閉じるか?記事と小説の違い

小説では難しい漢字も使われますが気にする必要がありません。

難解な漢字を多用するのも「個性」の1つ。

ひらがなと漢字の配分や、使う漢字の傾向は小説の雰囲気にも影響します。

そのため難しい漢字でも問題ないのです。

参考例

「青」を表現するとき、どの漢字を使いますか。

「青い」「蒼い」「碧い」など、候補はいくつかありますよね。

一般的には1つめの漢字です。

しかし小説は、その限りではありません。

これは「詩」「歌詞」も同じです。

世界観や雰囲気が重視される文章においては、「難解な漢字」を使っても問題ないと考えることができます。

私は小説でも分かりやすさにこだわるため難解な漢字は使用しません。

それも「個性」です。

しかし、Webの記事は「読みやすさ」「分かりやすさ」が重視されます。

そのため「蒼い」「碧い」は私なら使いません。

「漢字を開く」「漢字を閉じる」

「漢字を開く」「漢字を閉じる」という言葉があります。

シンプルに説明すると、

  • 漢字を開く=漢字をひらがなにする
  • 漢字を閉じる=ひらがなを漢字にする

という意味です。

漢字ばかりだと堅苦しく読みづらくなります。

ひらがなばかりだと見づらく幼稚に見えます。

そのため、開いたり閉じたりします。

参考までに、使用頻度が多く「開くと読みやすい漢字」を紹介します。

参考例

流石 さすが
敢えて あえて
全て すべて
様々 さまざま
下さい ください
何故 なぜ
丁度 ちょうど
我ら われら
依って よって
御覧下さい ごらんください
頂く いただく

まだまだあります。

なお優先されるのは「仕様書の指示」です。

では文章で実例を見てみましょう。

開く?閉じる?文章による漢字の使いかたの実例

同じ文章を2つ並べて比較してみます。

例1

「文章を書くのは、然程面倒な事ではありません。但し読み易い文章を書く為には、文章の長さや漢字の使い方に注意する必要があります。普段から漢字を多用している方がWebライターとして記事を書く場合は、注意が必要です」

例2

「文章を書くのは、さほど面倒なことではありません。ただし読みやすい文章を書くためには、文字の長さや漢字の使いかたに注意する必要があります。普段から漢字を多用しているかたがWebライターとして記事を書く場合は、注意が必要です」

いかがでしょうか。

1つめの文章は堅苦しく感じられませんか。

漢字の使いかたの例外について

例外についても説明します。

例外1「仕様書に指示がある場合」

まずは仕様書に指示がある場合です。

指示があれば従わなくてはなりません。

この記事では「漢字の使いかた」という記載をしています。

それは私が普段から「読みかた」「使いかた」というように書くからです。

ただしクライアントから、「読み方」と記載する指示があれば従います。

例外2.同音異義語との混同を避ける場合

  • ならう=習う、倣う
  • うたう=歌う、謳う
  • かたる=語る、騙る
  • よむ=読む、詠む

上記のような言葉は多々あります。

この場合は漢字を使用します。

難易度の基準

明確な基準はありませんが、私は「中学生以上なら読める文章」を意識しています。

商品説明でもレビューでも同じです。

誰が読むのかなど分かりません。

だからこそ、「誰が読んでも分かる文章」が理想です。

漢字を開く、閉じる、意識して読みやすい文章を書こう

ライティングでは「指示書」に従います。

そのため常に例外はあります。

「開くべき」「閉じるべき」この判断もそれぞれ違います。

たとえば、私は現在、「on the way to」という雑記ブログも運営しています。

雑記ブログでは自由に文章を書いているため、比較的漢字は多めです。

このブログとも、仕事で書く記事とも傾向が違います。

柔軟に対応していきましょう。

読みやすい文章の長さについても、ぜひあわせてごらんください。
【分かりやすい文章作成法】「文章の長さ」は30文字前後が目安



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする