webライターの仕事をするなら「ポートフォリオ」を作成してみよう

webライターの仕事をするなら「ポートフォリオ」を作成してみよう

webライターの仕事では「応募時にポートフォリオが必要」という募集もあります。クラウドソーシングでも、直接契約でも同じです。

すべての仕事で求められるというわけではありません。とはいえ、あると便利です。

しかし未経験者や初心者なら、なぜ?と感じるかもしれませんよね。ポートフォリオを持っている人ばかりでもないでしょう。

今回は「ポートフォリオ」について具体的に解説しますので、参考にしてみてください。



ポートフォリオとは何を意味する言葉?

ポートフォリオとは何を意味する言葉?

もともと「ポートフォリオ」とは、”綴じられていない書類が入ったもの”を意味します。

ただし業界によりポートフォリオという言葉の意味は違います。webライターやクリエイターなら、作品集というところです。ライティングした記事を掲載し、記事のサンプルとして使います。

ポートフォリオは、企業・メディアに実力・強み・スキルをアピールできる材料の1つです。提案時に活用すれば、新たな仕事を獲得できる可能性が広がります。

なぜwebライターにポートフォリオが必要なのか

なぜwebライターにポートフォリオが必要なのか

ポートフォリオは、クライアントの判断材料として使われます。

応募者がどのくらい書けるのかを判断するための材料なのです。

ポートフォリオがあれば以下が伝わります。

  • 基本的な文章力
  • 分かりやすさ
  • 記事の構成
  • 校正しているか
  • 情報収集力

「文末が統一できているか、同じ語尾が連続していないか、誤字脱字だらけではないか」など、判断に使える部分は多いはずです。

意識して作成して作成する必要があります。

ポートフォリオ作成についての注意点

ポートフォリオ作成についての注意点

ポートフォリオを作成する場合に生じそうな疑問について、紹介します。

これまでSNSなどで見かけた質問に対する内容を追加しました。

1つずつ見ていきましょう。

いつポートフォリオを作ればいいのか

時間があるときに作成しておくことをおすすめします。なぜなら提出を求められてから作ると時間が掛かるからです。

ただし実績として公開可能な記事があれば、なくても問題ありません。

過去に対応した記事が実績として使えるかはクライアント次第です。実績として公開できない記事もありますので、注意しましょう。

ポートフォリオは何で作るか

ブログやPDFで作成します。URL提示できるブログが便利です。

料ブログも、ポートフォリオとして使えます。

近年は、ワードプレス直接入稿の仕事も多いです。そのためワードプレスの使用経験が求められる場合もあります。ワードプレスで作ったブログもおすすめです。

日記ブログをポートフォリオに使えるか

日記ブログがポートフォリオとして使えるかは、ジャンルによると考えられます。

もちろん文章力自体は、日記ブログでも掴めるものです。しかし日記とは主観的なものですし、構成も必要ありません。キーワードなども不要です。そもそも内容が大きく違います。

SEOの知識が求められる仕事に、日記ブログで提案するのは、厳しいかもしれません。ただしPVが多いランキング上位のブログを持っているなら、有利に働く可能性もあるでしょう。

体験談やコラムなどの募集であれば、日記ブログでも使えると考えています。

noteをポートフォリオとして使えるか

特に問題なく使えますが、やはり内容次第です。日記に近い内容だけならば、サンプルとして使える記事を投稿しておき、そのURLを提示したほうが良いと考えられます。

ポートフォリオに必要な記事数は

最低でも数記事という考えが一般的です。

この記事を作成するにあたり調べましたが、4~5記事が推奨されています。もちろん作りこんでも構いません。

自分のポートフォリオを確認してみたところ2記事のみでした。現状不都合はないです。

内容は作成当時に多く対応していた「映画」「本」です。

参考に私のポートフォリオを紹介します。
http://round-midnight.blog.jp/

まったく作りこんでいません。ただし、この2記事では以下を意識しています。

  • 基本的な文章と構成
  • 情報収集
  • 引用への対応
  • 1行あたりの文字数
  • 漢字の使いかた

記事数自体は求められていないはずです。私のポートフォリオにいたっては、文字数も多くありません。

ワードプレスでの仕事については、このブログURLを提示しています。

過去に対応した記事はポートフォリオとして使えるか

実績として公開可能な記事があれば提示可能です。記名記事のURLをまとめてポートフォリオを作っているかたもいます。

一般的には、記名記事であれば問題ないでしょう。

ただし記事によっては使ってはいけないものもあるので、注意が必要です。

対応した記事を実績として使えるかは、クライアントに確認しましょう。

過去記事を使えないときは?

新しいジャンルの記事を受ける場合に「過去に同様の仕事をしているなら、その記事を見せてほしい」といわれることもあります。

しかし、実績として使える記事がない場合もありますよね。そのときは「相手の了承を得ていないため、提示できない」「記名記事ではないため提示できない」としても問題ありません。

ポートフォリオは必須なのか

ポートフォリオは必須ではありません。応募時に「ポートフォリオを提示」という仕事に応募しやすくなる、というイメージです。

持っていなくてもライティングの仕事は可能です。

あれば便利に使えます。

ポートフォリオにプロフィールは必要か

年代・性別・得意分野・経歴・強み・などを掲載するのも、おすすめです。

ただし前述の、私のポートフォリオ用ブログにはありません。これは応募時に自己紹介や実績を書き添えるからです。

フリーライターとしてポートフォリオを作るなら、「文字単価などの条件」や「メールアドレスなどの連絡先」を乗せる方法もあります。

ポートフォリオ記事のジャンルは何を選ぶべきか

ポートフォリオに使う記事のジャンルに悩んだら、「対応していきたい記事」のジャンルをおすすめします。応募するために新たに作るなら、その仕事のジャンルにあわせます。ただし、応募ごとに新たな記事を足していく必要はありません。

テストライティングもあるなら、非効率だからです。

私が映画や本の紹介と感想の記事を選んだのは、内容的に「体験談」もカバーできるからです。応募ごとに記事を足す、ということはしていません。

得意なジャンルを模索している人もいますよね。その場合は、「書きやすいジャンル」でも問題ないと考えています。

どのサービスが良いか

記事が確認できれば、利用するサービスは何でも大丈夫だと考えられます。

私が普段使っているのはlivedoor Blogです。複数のブログを管理でき、操作にも慣れているため使っています。

ただしlivedoor Blogでは小見出しの設定をするにはHTMLタグ編集をする必要があります。

A8.netの「ファンブログ」

無料ブログを開設するならA8.netが運営するファンブログも便利です。アフィリエイトについて学べるコンテンツも多数用意されています。

ファンブログでは、管理画面から見出しや広告が簡単に作れます。登録は無料です。セルフバックの利用で収入を得ることもできます。

試しに1つ作成してみましたので実際の雰囲気もご覧ください。今回はテスト用なので簡単な記載のみです。
Webライターで収入を得る方法

管理画面も見てみましょう。

分かりやすい作りです。試しに作ってみるのもおすすめです。

ワードプレスでブログを作成

無料ブログでも問題ないと考えていますが、使用経験がないなら、勉強を兼ねてWordPressで作るのも、おすすめです。

このブログもWordPressで作成しています。テーマが多数あり、管理も簡単です。

WordPressは、サーバーへのインストールが必要です。またドメインを取得しなくてはなりません。

私は、お名前ドットコムでドメインとサーバーの契約をしています。お名前ドットコムを利用する決め手になったのは以下の理由からです。

  • WordPressのインストールが簡単
  • 独自ドメインの料金が年間1円~
  • サポートが24時間365日
  • レンタルサーバー同時申請が可能
  • サーバーの料金は最大2ヶ月分まで0円

維持費として、サーバーのレンタル料が発生します。金額は契約内容によっても違うので、契約時に確認してください。

比較してみて、価格やサービス内容から選ぶことをおすすめします。

ドメイン取るならお名前.com

副業として始めるにあたり、あまり費用をかけたくないと感じるかたもいるでしょう。その場合は、とりあえず無料ブログで作ってみましょう。

軌道に乗ったらワードプレス、という方法もあります。

別な記事で、ワードプレスを使ってポートフォリオを作るメリットを紹介していますので、あわせてごらんください。

webライターとしてポートフォリオ用のサイトをこれから作るなら、WordPressで作成するという方法もあります。WordPressでポートフォリオとなるブログを作成することによるメリットとデメリットを紹介します。これからポートフォリオを作成しようと考えているなら、参考の1つとしてぜひ本記事に目を通してみてください。

受注率を上げるためにポートフォリオを活用しよう

少し時間は必要ですが、ポートフォリオの作り方は難しくありません。

私のポートフォリオは実にシンプルです。もう少し作りこみたいのが本音です。特に不都合はないですが、いずれ新しくするでしょう。

ポートフォリオの記事を改良していくと、勉強にもなります。

お仕事の受注率を高めたいなら、ポートフォリオは大切な要素の1つです。

「ポートフォリオを持っていない」というかたは、ぜひ作ってみてくださいね。

webライターに便利なツールも紹介しています。
作業効率を高めよう!ライターの仕事で使える便利なツール!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする