【webライターにアンケート】家族から反対された?されなかった?

【webライターにアンケート】家族から反対された?されなかった?

『人生は1度きりで、自分のもの』とはいいますが、家族の影響を非常に強く受ける家庭もあります。

「webライターの仕事に興味がある」「webライターを本業にしたい」そう考えていても、思うように行くとは限りません。

webライターの仕事をするか、しないかを決めるのは自分自身。とはいえ反対されて踏み切れずにいる人もいるでしょう。

そこでtwitterを使い「webライターになりますといったときの家族の反応」のアンケートを取りました。

webライターの仕事に興味があるなら、参考にしてみてください。

⇒webライターを本業にして不安はあるのかを紹介しています。あわせてどうぞ。

「webライターで生活できる?ライター生活に不安はある?」と興味を持っている人もいるでしょう。気軽に始められるとして人気があるwebライターを本業にしたらどうなるのでしょうか。本人次第の要素が大きいため、体験談としてwebライターとして「生活できるのか」「不安はあるか」について紹介します。ぜひチェックしてみてください。



「webライターになる」といったときの家族の反応は?

今回実施したアンケートの結果は以下の通りです。

webライターになりますといったときの家族の反応
総投票数 32票
開催期間 1日
投票結果
反対だった 13%
賛成だった 34%
反応なし 47%
内緒にしてる 6%
事後報告 1票

全体数が少ないものの、「賛成だった」「反応なし」の合計が80%を超えています。

今回の投票においては「反対された」以外が多いという結果です。

webライターの仕事が家族から反対される理由

ときどきSNSで「挑戦したいけれど家族に反対されている」という声を見かけます。

そこから興味を持ちアンケートを実施しました。

「現在会社員として月に20万稼いでいる」という人が、突然不安定なwebライターに挑戦する、というケースでは多少の反対は考えられます。

  • 収入が不安定である
  • 休業のリスクに備えが必要
  • 理由のない反対

webライターの収入が不安定なことや、休業すれば収入が減るのも、事実でしょう。

この2つについては反対の理由としては比較的納得がいくものです。

もっとも面倒なのが「理由のない反対」だと考えられます。

「とにかくだめ」「webライターなんて」「詐欺では」など、明確な根拠もなく反対するケースもあるはずです。

家族に「内緒にしている」という人がいるのも無理はないと感じます。

家族に反対されたるなら諦めるべきか

「反対された程度で悩むなら諦めたほうがいい」という意見もあります。

極論ではありますが、これも納得のいく意見です。

実際のところwebライターも楽なばかりではありません。

webライターには提案・リサーチ・執筆・納品・請求書発行など多数作業があります。

ただ「記事を書いているだけ」の仕事ではありません。

1か月目が1000円だったという人もいれば、30万だったという人もいます。

不安定なだけでなく、努力も勉強も必要です。

「できないかもしれない」ではなく「絶対にやる」と考えて進む仕事です。

やめないことで状況が変わる可能性もある

我が家の話をします。私は10代のころに1度、ライターを本業にしたいと考えています。

家族に話したものの壮絶な反対を受けました。

前述の「理由のない反対」に近いものです。

その段階で以下のような実績がありました。

  • 懸賞小説での受賞歴複数回
  • タウン誌や新聞での記事執筆

親は「実績があってもそんなに世の中は甘くない」というばかり。現在とは違いインターネット環境はなく「自分で仕事を取りやすい」という環境ではありませんでした。

過干渉であったため、説得は難航し、そのときは本業にすることは諦めています。自分自身にも強い安定志向があったからです。

ただし、副業ともいえないほどの金額ですが続けました。雰囲気が変わってきたのは自治体から表彰されたあたりです。

webライターというものもあるらしい、と聞いて始めてみました。クラウドワークスでの初月の収入は7000円前後だったと記憶しています。

それを数年続けて、会社が閉鎖し、さらに悩み、本業に変えました。

いちおう報告したときの反応は「ふーん」という程度です。あれだけ反対されたのに、と複雑な気持ちになったものでした。

手軽に始めたいと考えているならクラウドソーシングサービスが便利です。

webライターを家族に反対されるなら工夫と努力も必要

子をコントロールしようとする親もいるのが事実です。家族に反対されると委縮してしまう人生を歩まなければならない人もいます。

委縮している状態で「押し切ってでも本業として選ぶ」というのは非常に難しいでしょう。ただ、家族に知られないよう工夫と努力をすれば副業にはできるかもしれません。

実績を重ねれば、安定を目指せる可能性があります。有無をいわせないほどの実績ができれば理解も得られるかもしれません。

個人的には「反対を押し切れないならやめたほうがいい」とまでは感じません。しかし、その工夫と努力をする気力がないなら、いまはタイミングではないだろうと考えます。

私は実績を作って納得させました。ただ、実績は空から降ってきたものではなく、自分で作ってきたものです。

同様に他のwebライターも、多くの工夫や苦労をしていると考えられます。

内緒で始めるというのも工夫の1つです。「反対されても挑戦したい」と考えているなら、まずは努力と工夫をおすすめします。

最後になりますが、アンケートにご協力くださった皆様、ありがとうございました!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする