【詐欺事例】実際の画像あり!「国際ロマンス詐欺」の詐欺手口を紹介

【詐欺事例】実際の画像あり!「国際ロマンス詐欺」の詐欺手口を紹介

「国際ロマンス詐欺」疑いのDMを公開します。過去記事で紹介したDMの内容です。

⇒関連記事

クラウドソーシングサービスでは、詐欺疑いや高いリスクが考えられる仕事も掲載されています。またSNSを使っていると、不審な連絡が来るという場合もあります。webライターの仕事をするなら、詐欺にも気を付けなくてはなりません。そこでクラウドソーシングサービスやSNSなどで見られる、詐欺疑いのリスクが考える事例を紹介します。

webライターの仕事と直接関係があるわけではありません。しかし仕事でSNSを使う人もいるはずです。そこで紹介します。

詐欺の手口を知ることは最大の対策になります。DMが届いたら注意しましょう。



国際ロマンス詐欺とは

国際ロマンス詐欺とは

国際ロマンス詐欺とは、SNSなどを通じて異性から交際や結婚を申し込まれて、その後に金銭を要求する型の詐欺です。

JETORO(日本貿易振興機構)では以下のように紹介しています。

インターネットの出会い系サイトやソーシャルネットワーキングサービス(SNS)などを通じて知り合った欧米系や紛争発生国に在住などと名乗る異性(軍人、医師、国連職員、船員、資産家等)から、交際や結婚を申し込まれ、その後、多額の秘密資金や資産、第三国での投資資金、贈答品、家財の送金費用・手数料、あるいは本人・家族の生活費や渡航経費の送金など様々な金銭的要求が出てくる「詐欺」と思われるケースが多発しており、被害事案も含めてジェトロへの相談が急増しています。

(引用元:国際的詐欺事件について(注意喚起)-JETORO)

突然見知らぬ人からDMが送られてきた段階で警戒する人も多いはずです。

そのため届いてもスルーする人もいるでしょう。スルーやブロックで正解です。

実際に詐欺被害に遭っている人もいるため気を付けなくてはなりません。面白いと返信する場合は、個人情報を抜かれないよう注意してください。

実際に届いた国際ロマンス詐欺の画像を紹介

「国際ロマンス詐欺」実際の画像

1通めのDMは2018年8月26日に届いています。このときは忙しかったので放置。不自然さはあるものの、日本語です。

9月5日に返信しました。即レスが来ています。

返信した理由は2つ。

1つめは「国際ロマンス詐欺なら知識として使える」というもの。もう1つは「名前が思い出せない軍人の友達もいる」というもの。知人かを確認したかったわけです。

国際ロマンス詐欺画像1枚め

『私はスティーブとあなたですか』

開始直後から意味不明な面白い文章が届いています。なお相手の名前が「インスタグラマー」なのは相手が現在は退会しているからです。

国際ロマンス詐欺画像2枚め

国際ロマンス詐欺画像

『私は医者ですよね?』知りませんよ、そんなの。

「もう一度友人に会うのがうれしい」、ここで「知りあいだったろうか」と考えました。

アメリカの軍人を通して多数の知り合いがいるからです。

ただし軍人ばかりで医師の知人はいなかったはず。

日本語が面白いです。翻訳サイトを使ったにしても原文が気になります。そこで「英語で良いよ」と返しています。そのため英語に切り替わっています。

国際ロマンス詐欺画像3枚め

『結婚しているのか、子供はいるのか、配偶者と暮らしているのか』と聞かれました。

国際ロマンス詐欺画像4枚め

国際ロマンス詐欺画像

相手の自分語りが始まります。

  • 妻を亡くしている
  • 1人で息子を育てている
  • 米軍の従軍医としてシリアのキャンプに

国際ロマンス詐欺の典型的なパターンです。面白いのが、本当に基本的なパターンそのままであること。

「そこにいる?」と返事を催促されています。即レスしないと、すぐに確認されました。

国際ロマンス詐欺画像5枚め

国際ロマンス詐欺画像

このあたりから「褒める」パートです。そして「日本に行くので会える」といいだします。

可哀想な医師のスティーブは、SNSで見かけた相手に実際に会うというのです。

おそらくは実際に会うという話になれば「何らかの費用」を請求されるでしょう。医師や軍人などお金に困っているようには見えない相手ですが「子供が病気」「生活費」「渡航費用」などを請求するようです。2500万円の被害にあった人もいます。

国際ロマンス詐欺画像6枚め

国際ロマンス詐欺画像

私の適当な英語はスルーでお願いします。普段友達としか話さないので基本、雑です。返事をしてからブロックしたのは性格的なものです。本来は不要でしょう。

ここからの流れにも興味があったのですが、面倒になっても困ります。そこで実際に会う気はない、と返事をしてブロックしました。個人情報は教えていないので、これきりです。別なアカウントからのアクセスもありませんでした。

『医師や軍人などが、どんな流れで金銭を要求するのか』ここが紹介できず残念です。しかし面白いからと相手をしすぎても危険です。

you talk very kindといわれていますが、実際私は相槌程度の返信のみ。

基本的な流れがあり、そのテンプレを使っていると推測できます。

「国際ロマンス詐欺」の特徴

「国際ロマンス詐欺」の特徴

JETOROからの引用にもある通り、軍人、医師、国連職員を名乗るものが多いのが国際ロマンス詐欺です。子供がいるとして同情を引いたり恋愛に持って行ったり、というのが基本的なパターンとなります。

現在も使われている手口です。私の知人にも最近同様のDMが届きました。自分語りをしながら、こちらの個人情報を聞こうとします。返信が非常に早いという特徴があります。

ブロックすれば、それ以上のアクションはありません。

「会える」などといっていますが、実際に会う訳ではないはずです。

国際ロマンス詐欺には要注意

国際ロマンス詐欺には要注意

個人情報を教えずブロックすれば大きな被害にはつながらないはずです。

初めて連絡が来たあと10日以上放置しました。

しかし返事をするまではアクションもありませんでした。

相手は実際に会う気はないはずです。褒め言葉もテンプレです。暇つぶしと英語の勉強くらいには使えますが、それ以外のメリットはありません。

不審なDMが届いたら注意しましょう。

⇒関連記事もあわせてごらんください。

クラウドソーシングサービスでは、詐欺疑いや高いリスクが考えられる仕事も掲載されています。またSNSを使っていると、不審な連絡が来るという場合もあります。webライターの仕事をするなら、詐欺にも気を付けなくてはなりません。そこでクラウドソーシングサービスやSNSなどで見られる、詐欺疑いのリスクが考える事例を紹介します。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする