【副業各種】クラウドソーシング「クラウディア」の登録方法と感想

【副業各種】クラウドソーシング「クラウディア」の登録方法と感想

Craudiaクラウディアに登録してみましたので紹介します。

クラウディアはクラウドソーシング型ビジネスマッチングサービスです。

クラウディアのメリットは最低3%という手数料の低さ

安定して仕事を得られるなら、かなり良さそうです。

仮払いシステムもあるためリスクも軽減できると考えます。

では登録の手順と感想を紹介します。



「クラウディア」の登録方法

まずはクラウディアの登録画面から新規登録を行います。

クラウディアの登録方法

以下のバナーから登録可能です。

ログイン方法は以下の5種類。

  • Facebook
  • Google
  • Yahoo!
  • Windows Live
  • メールアドレス

今回はメールアドレスで登録します。

メールアドレスを登録すると「本登録手続きの案内」が届きます。URLをクリックすると手続きが完了です。

遷移した画面でパスワードを入力します。

パスワードを入力し画像認証を行うと登録が完了です。

個人情報の登録

続きまして個人情報の登録です。特に面倒な項目はありませんでした。発注者、受注者どちらでも登録が可能です。普段クラウドソーシングサービスを使っているかたなら、スムーズに登録できる内容です。

プロフィールには「費用感」が登録できます。今回は1.5円で登録してみています。

基本情報の登録が完了したら規約に同意します。

規約や個人情報の扱いについての項目も、一般的なものです。

スキル類の登録

自己紹介やスキルも登録できます。画像は「MS Word」です。

他にも、Excelやライティングスキルなども登録できます。

本人確認書類の提出

本人確認書類も提出済みです。

免許証やパスポートが使えます。

完了には3営業日ほど時間が掛かります。

住所変更がある場合は、免許証の裏面も必要になるので注意しましょう。

登録後の画面

プロフィール、ポートフォリオ、スキル等を90%まで登録しました。所要時間は約20分です。

クラウディアの案件に応募

登録が完了したので、案件をチェックしてみました。

カテゴリは6つに別れています。

参加申請が必要

気になる案件には「参加申請」ができます。

実際に1件参加申請を送ってみました。

現在は承認待ちです。

承認されて記事を作成したら「納品する」からの納品です。

メールなどでの納品も可能ですが、納品完了報告が必要になります。

参加申請には「プロフィールや実績」「提案内容」などを入力します。

その内容をもって、発注者は審査を行います。

どのタイミングで連絡が来るかは不明です。

このあたりは他のクラウドソーシングサービスと同じですね。

クラウディアのサービスを利用してみた感想

最近は「リスクの分散」を重視しています。

なぜなら、いつどのサービスが終了になるか不明だからです。

その中で手数料が低いクラウディアを見つけたので登録してみました。

利用登録~仕事への参加申請までを行った状態です。

他の仕事もあるため、稼働時間は少なめで登録しています。

どのくらいの確率で採用になるかは、まだ分かりません。

私が登録をした2021年2月16日の段階では募集中の仕事で自分が応募できるものは、比較的少ない印象です。

※リライトの案件は出ています。個人的にリライトは対応外にしているのでスルーしました。

とにかく魅力的なのが「手数料3%」です。

一般的に、対応する金額や件数が大きくなればなるほど、支払う手数料も多くなりますよね。

文字単価が多少良くても手数料を引いてみたら…というケースもあるものです。

手数料3%で安定した仕事量があれば良いな、というのが正直な感想であり、願望です。

すべてのクラウドソーシングサービスが、このくらいの手数料ならどれだけ良いことか。

会員数 100 万人以上のクラウディア

現状、案件自体が少ないため「外注をかけたい」という場合に、記事を集めやすいのではないかと推測できます。

案件が増えるのを期待して、しばらく使い続けてみたいと考えています。

登録自体には時間が掛からないため、興味があれば利用してみてください。

クラウドソーシングサービスの1つ、クラウドワークスの登録方法も紹介していますので、あわせてごらんください。
【クラウドワークス】簡単!「クラウドワークス」の登録方法



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする