【分かりやすい文章作成法】文章のクセを改善して読みやすくする方法

【分かりやすい文章作成法】文章のクセを改善して読みやすくする方法

今回は「文章のクセ」について紹介します。

文章のクセも「個性」の1つですが、改善により読みやすさは上がります。

分かりやすい文章作成法として、文章のクセや改善方法を見ていきましょう。



「話し言葉」にも「文章」にもクセがある

文章と話し言葉には、誰でもクセがあるものです。

前述の通り、クセは「個性」だといえます。

SNSを見ていると、名前を見なくても誰の投稿か分かるものです。10文字以下のものは判別しづらいですが、20~30文字もあれば、誰が書いたか分かります。

文章の真似も、当然ながら、すぐ分かります。

手紙でも、小説でも、エッセイでも、文章のクセは出てきます。文章のクセを把握すれば「似た文章」を書くことも難しくありません。

それほど、文章や話し言葉には、クセが出てくるのです。

話し言葉のクセは文章以上に強い

文章以上にクセが強いと感じるのが「話し言葉」です。

一般人を対象としたインタビューの文字起こしをしてみると、よく分かるものです。

話した言葉を、そのまま文字にすると、とても読みづらいものが完成します。

話し言葉に登場する口癖で、語尾以外について幾つかピックアップしてみます。

うーん
確かに
要するに
でも
ええと
えー
それで
だから
例えば

話し言葉では「うーん、だからねー、要するに、ええとー」という文章も有り得ます。

口癖は前後に関係なく出てくるのです。

文字起こしの仕事では、あらかじめ指示書で削除対象になる言葉もあります。

クセの改善方法として自分の文章を把握しよう

文章を読みやすくするためには不要な「クセ」を直す必要があります。

読み返して修正できるので、話し言葉より簡単です。

改善する場合は、まず自分の文章にある「クセ」を把握しましょう。

読みづらい文章になりがちな文章のクセとしては以下が考えられます。

1つの文章が長すぎる
同じ単語を繰り返し使う
同じ文末が続いている
句読点の位置が不適切
難しい漢字が多い

文章を客観的に読み返してみましょう。

「読みづらさを生む文章のクセ」があれば改善を意識しましょう。

漢字の使いかたについては以下の記事でも紹介していますので、あわせてごらんください。
【分かりやすい文章作成法】開く?閉じる?漢字の使いかたを見直そう

文章のクセを見つける方法

「書いた文章を声に出して読む」と、文章のクセを見つけられます。

書いたものを、そのまま声に出して読んでみてください。「読みづらい」「伝わりづらい」と感じるなら、そこが改善すべきクセの部分です。

参考までに記載しますが、私は「すべての記事」を1度は声に出して読んでいます。

1000文字でも15000文字でも、時間に余裕があれば絶対に読みます。

リズムが分かればよいため、大きな声を出す必要はありません。

聞こえる程度の声で大丈夫です。

誤字脱字も見つけやすくなり、句読点の位置も確認できるのです。

声を出して読むという作業は高校生のころから行っています。

私の文章のクセ

私は小説でも、読みあげて、読みやすさを追求します。

私が小説でも「個性を抑えて書く」という手法を取っているからです。

画像は、私のnoteです。⇒近いようで遠い場所

noteであっても音読して、読みづらい部分がないか確認するようにしています。

意識してすら、まだまだ改善すべき場所は多いです。

私の場合は「~という」「~ことが」「簡単に」を使いがちです。

なるべく使わないよう意識しています。

また読み手によっては「句点が多い」と感じるようです。

句点や表現はクライアントごとに傾向を考えて変えます。

読みづらい原因が分からない場合の対策

「文章を書くのが好きなのに読みづらい」といわれる人もいます。

なぜ読みづらいのかが分からない、と感じるかもしれません。

そのときは相談しやすい相手に読んでもらいましょう。

本を読むのが好きな知人でも良いですし、特にいなければ家族でも構いません。

それも難しいようならSNSでの知りあいでも良いでしょう。

「どこが読みづらいのか」を教えてもらえれば改善につなげられます。

気になる文章のクセは改善をめざそう

繰り返しになりますが、完全に文章のクセを消す必要はありません。

「個性」「強味」となるものもあるからです。

ただし仕事の場合はクライアントの意向に合わせる必要があります。

「自分が読んで気になる部分」「クライアントから指摘された部分」は改善しましょう。

文章の長さについても紹介しています。あわせてごらんください。
【分かりやすい文章作成法】1つの文章での文字数は、30~50文字



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする