【クラウドワークス】クラウドワークスのタスク案件を対応する方法!

【クラウドワークス】クラウドワークスのタスク案件を対応する方法!

クラウドワークスの「タスク案件」の対応方法を紹介します。

実際に対応すると、かなり手軽です。

本格的に継続でWebライターをするのなら、タスクを試す必要はないかもしれません。

しかし副業で月に2~3万円の収入を得たいと考えているのなら使える方法の1つです。

本格的にWebライターの仕事をするのなら、直接企業と契約するか、プロジェクト形式の仕事への応募を考えてみてください。

クラウドワークスには「プロジェクト」のお仕事があります。この記事では、クラウドワークスのプロジェクト応募から完了までの流れを、実際に応募した時の画像を使い紹介します。利用を考えているかたはぜひ参考にしてみてください。あわせて応募時の注意点についても、いくつか紹介します。トラブルなく対応するために確認してみてください。



クラウドワークスでタスク案件の仕事を探す方法

クラウドワークスでタスク案件の仕事を探す方法

まずはクラウドワークスに登録します。登録方法は前述の過去記事を参照してください。


登録しログイン後、左上の「仕事を探す」をクリック。

「すべての仕事・求人情報を探す」という画面が出ます。

現在は「8,202件」募集が出ています。(記事作成時。変動します)

ただしこの件数には、

  • システム開発
  • デザイン
  • 翻訳

と他の仕事も含まれています。

今回は「タスク」を対応します。そのため絞り込みましょう。

タスクの仕事だけを絞り込む方法

「仕事カテゴリ」の下にある「絞り込み」から「タスク」にチェックを入れます。特に指定する条件がなければ、そのまま「絞り込む」をクリックします。すると「タスク」の仕事が一覧で表示されます。

1つずつのタスクは、このような状態です。

  • タスクの作業名
  • クライアント名
  • 金額
  • 作業目安時間
  • 件数
  • 残り日数

ここで概要が確認できます。

クラウドワークスでタスクの仕事を対応する方法

クラウドワークスでタスクの仕事を対応する方法

まずは表示された仕事を見ます。対応したい仕事があれば「作業名」をクリックし詳細を確認しましょう。画面が変わり、タスクの内容が表示されます。

上には一覧にあるものと同じ、概要です。

概要の下には、

  • 作業内容
  • (あれば必須キーワード)

が表示されます。

対応する場合は右にある「作業を開始する」をクリックします。

タスクの作業時間は1時間

タスクの作業時間は、1時間です。

作業目安時間が5分でも90分でも同じです。時間切れになった場合、募集終了していなければ、再度応募することもできます。

残り時間は画面上で確認可能です。

終わったら完了ボタンを押す

作業完了したら「作業を完了する」を押します。

すると画面が変わります。

完了後はクライアントの承認待ちです。承認されれば報酬が確定します。非承認になれば報酬は発生しません。作業数に制限がなければ、続けて作業をすることも可能です。

ここまでで作業完了となります。

クラウドワークスでタスク対応時に注意すること

クラウドワークスでタスク対応時に注意すること

タスク対応時の注意点には以下が考えられます。

時間切れがある

タスクの作業時間は「1時間」です。時間切れの場合は通知が出ます。このとき残り作業数がゼロの場合があります。その場合は対応することができません。

非承認になると報酬はゼロ

作業完了後に非承認になると報酬はゼロです。

非承認をさけるためには、

  • 誤字脱字
  • 主語述語
  • 語尾の統一
  • 分かりやすさ

などに注意しましょう。

非承認になると「承認率」が下がります。承認率が低いと、対応できない仕事もあります。

報酬はピンキリ

タスクに限らず報酬はピンキリです。現在の最高と最低を調べてみました。(2020/11/11現在、タスク案件のみ)

最高報酬 5,500円
最低報酬 5円

報酬が低い=作業時間が短いとは限りません。

個人情報の取り扱いには注意

「個人情報」が求められる作業もあります。使用する場合は、もちろん自己責任です。あまりおすすめはできません。取り扱いには注意しましょう。

外部誘導には注意

タスク案件承認後の話です。基本的にクラウドワークスは直接連絡禁止です。(例外もあります)稀にですが外部誘導を受けることがあります。

  • LINE
  • 外部サービス
  • メルマガ

不審なものはスルーしましょう。

クラウドワークスのタスクは手軽で簡単

最後に個人的な感想を紹介します。

タスクは、報酬も、仕事内容も様々で、簡単なアンケートも含まれています。初心者でも難しくないことでしょう。

タスクで対応した金額の幅は5円~7000円。ライティングで5円は、かなり効率が悪いです。しかし初期は「承認数」をあげたいところ。手間がかからないものはおすすめです。

2020年3月前後はタスク案件少なめでした。その後は回復し以前よりも増えています。効率よく作業すれば毎日稼ぐこともできます納得できる仕事を対応するのがおすすめです。

[2021年2月追記]

大きい案件がなかった日に、「タスクだけ」1日対応してみました。画像等の提示はできませんが、その日の対応金額は約9000円。時間は掛かっているため時給換算するとそれほど良くもありませんが、単純に金額だけ見れば悪くはありません。

案件次第なので、毎日この金額に到達するわけではありませんし、時間も掛かります。しかし「副業を始めたいけど、どこから手をつけたらよいか分からない」というかたには手軽です。

タスクで実績を作っておくとプロジェクトが対応しやすくなる場合もあります。これからライティングの仕事をしたいと考えているなら試してみるのもおすすめです。

未経験からwebライターを始めるたいと考えているならクラウドソーシングの利用も便利です。そんなクラウドソーシングの1つである「クラウドワークス」の登録方法について、実際の画像を使って紹介しています。「副業を始めたい」「クラウドソーシングを使ってみたい」「webライターになりたい」と考えているなら、参考にしてください。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする