副業で継続して安定した収入を得るために検討してみたい、3つのこと

副業で継続して安定した収入を得るために検討してみたい、3つのこと

未経験者や初心者でも、WEBライターを副業にして収入を得ること自体は可能です。会社員でも副収入を得るためにWEBライターを始めている人は、大勢います。

ただし継続して安定したお金を得るためには工夫が必要です。努力もしなくてはなりません。

そこで「副業で継続して安定した収入を得るために考えたい3つのこと」を紹介します。



副業で安定した収入を得る方法1.高単価の仕事を探す

副業で安定した収入を得る方法1.高単価の仕事を探す

1つめは「高単価の仕事を探す」ことです。

以前も紹介した通り、ライティングの文字単価はピンキリです。文字単価0.1円の仕事もあれば10円の仕事もあります。

たとえば1000文字の仕事で考えてみましょう。

計算するまでもなく、0.1円なら100円ですが、10円なら10000円です。

月に10万円が目標の場合、文字単価が0.1円なら1000本書かなくてはならないので大変です。しかし文字単価10円なら10本で済みます。

高単価の仕事があれば月の稼働時間は大きく変わるでしょう。安定度合いも違ってきます。モチベーションも変わります。

始めたばかりのころは難しいかもしれませんが、スキルを身に付け、少しずつ文字単価が高い仕事にも挑戦したいところです。

長期契約でも終了になる可能性がある

クライアントの企画終了などにより、長期契約が終了になることがあります。良い条件の仕事が終了してしまうと、大幅に収入が減ります。

どんな仕事であっても、いつか終わる前提で備えると安心です。

安定した収入を得る方法2.収入源を複数にする

安定した収入を得る方法2.収入源を複数にする

2つめは「収入源を複数にする」ことです。

契約も、サービスも、いつかは終了する可能性があります。分散させると安心です。

「直接契約を複数」「直接契約とクラウドソーシング」「複数のクラウドソーシング」など、方法は様々考えられますよね。

過去に、利用していたクラウドソーシングのサービスが終了したことがあります。単価が自由に設定できるサービスでした。受注も安定し実績も積んでいたのです。もったいないと感じましたが、仕方ありません。

便利で使い勝手が良いとしても、サービスが終了する可能性があるため、注意が必要です。

収入源は1つに絞らないほうが安心だと考えられます。

私の場合は、

  • クラウドワークス
  • afbでの記事販売
  • 直接契約

などに対応しています。

クラウドソーシングサービスを見てみよう

現在は多数のクラウドソーシングサービスがあります。メインの他に1~2社登録して併用するとリスクは分散できると考えられます。

そこで簡単に5社紹介します。(2021年3月「つなぐ」を追加しました)

いずれ各サイトの登録方法なども紹介していきます。

サイトにより使い勝手も違います。いろいろ試して、自分にとって使いやすいサービスで実績をつんでいくことをおすすめします。

つなぐ

手数料が安いのが「つなぐ」最大の魅力です。登録してみましたがシンプルで分かりやすいと感じます。

記事でも取り扱っていますので、チェックしてみてください。

2021年4月に稼働予定のクラウドソーシング「つなぐ」に事前登録してみたので、登録の流れを簡単に紹介します。

手数料の安さなどから個人的に注目しているサービスです。

クラウドワークス

業界でも大手のクラウドソーシングサービスが「クラウドワークス」です。

私もクラウドワークスの仕事が比較的多めです。

利用料は生じますが手軽だと感じます。

お仕事の種類は246種類!在宅ワークならクラウドワークス

仕事量は少なくありません。ライティングに限らず様々な仕事があります。

利用料があっても使い続けているのは仮払いなどのシステムがあるからです。リスクを抑えて仕事を続けることができます。

登録方法は以下の記事で紹介していますので、ぜひごらんくださいね。

未経験からwebライターを始めるたいと考えているならクラウドソーシングの利用も便利です。そんなクラウドソーシングの1つである「クラウドワークス」の登録方法について、実際の画像を使って紹介しています。「副業を始めたい」「クラウドソーシングを使ってみたい」「webライターになりたい」と考えているなら、参考にしてください。

【Bizseek】

ワーカー手数料業界最安級で、高額案件の利益が高くなるのは【Bizseek】です。

手数料業界最安でお得にお仕事【Bizseek】

「Craudia(クラウディア)」

クラウドソーシング型ビジネスマッチングサービスがクラウディアです。

「クラウディア」についても実際に登録して応募しています。ときどきスカウトが届きます。

登録は、それほど難しくありません。

クラウディアについても記事で紹介していますので、ちぇっくしてみてくださいね。

手数料がわずか3%!クラウドソーシング型ビジネスマッチングサービス「クラウディア」に登録してみました。クラウドソーシングを活用したいものの手数料の高さが気になっているのなら、手数料が安いサービスを活用する方法があります。登録方法と、登録した上での感想を紹介します。登録の手順を紹介していますので、ぜひ試してみてください。

安定した収入を得る方法3.ブログ運営なども検討してみる

安定した収入を得る方法3.ブログ運営なども検討してみる

3つめは「ブログ運営も検討してみること」です。

依頼を受けて書いた記事は、納品すれば自分の手を離れます。記事を書いたことにより得られる報酬は基本的に1回だけです。

ライターの仕事だけをするなら、延々と書き続けなくてはなりません。そこで、記事が書けるなら、得意分野でのブログ運営を検討してみるのも良いかもしれません。

このサイトを始めたのも「将来的な勉強のため」です。開設にあたりレンタルサーバーを契約しドメインを取得しました。これについては専門外なので日々勉強しています。

無料ブログでもアフィリエイト収入は得られます。

しかしライティングの仕事はワードプレス直接入稿が多めです。そこで今回はワードプレスで作成しています。

サーバー、ドメインとも、私はお名前.comを利用しています。

レンタルサーバーやドメインのサービスを見てみよう

参考までに、いくつか紹介します。

プランやサービス内容は会社により大きく違います。いろいろなサービスをチェックしてみましょう。ここでは簡単に2つ紹介します。

お名前ドットコム

広告などで名前を見かけたことがある!というかたも多いでしょう。このサイトは、お名前.comでサーバーレンタルとドメイン取得をしています。

プランにより料金は違います。

【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com

エックスドメイン

格安ドメイン取得なら「エックスドメイン」も人気です。サーバー申し込みオプションも利用可能です。ドメインの移管もできます。

格安ドメイン名取得サービス『エックスドメイン』

無料ブログサービスも活用しよう

サイト開設よりも手軽なのは無料ブログの利用です。文章を書くのが好きなら、すでに趣味ブログの1つや2つ持っているという人もいるはずです。メリットは、コストがかからないこと。

無料ブログでも広告収入を得られます。たとえばSeesaaブログもアフィリエイトOKです。無料登録をしてブログを開設し、広告を貼るだけの手軽さです。

アクセス数を稼ぐことができれば収入につながります。「どうすればアクセス数を稼げるのか」を考えると普段記事を書くうえでも役立つはずです。

文章の練習にも使えるでしょう。

忙しくなってくると手が掛けられなくなる可能性は否定できません。それでも検討する価値はあります。

Googleアドセンスは独自ドメインでなくても合格できる

無料ブログでもGoogleアドセンスには合格できます。独自ドメイン不要です。

この件について、私は「アドセンスには独自ドメインが必要」だと思い込んでいました。アドセンス申請にあたり確認したサイトは、独自ドメインの取得が推奨されていたからです。

しかし2021年6月に「独自ドメイン不要」というツイートを見かけました。そこで所持しているライブドアブログで試したところ、1日で合格したのです。

無料ブログであるため、サービスが終了するかもしれないというリスクは考えられます。そのリスクを回避したいなら、あらかじめ独自ドメインを取るのは良いかもしれません。ただし「独自ドメインでなければならない」というわけではないということになります。

すでにブログを持っているなら、試してみても良いかもしれません。

自分にあった「安定した収入を得る方法」を探してみよう

自分にあった「安定した収入を得る方法」を探してみよう

副業だとしても、本業だとしても、毎月得られる金額は安定させたいですよね。

もちろん単価アップもブログ運営も継続して努力する必要があります。楽だとはいいません。

いろいろ試して安定した収入をめざしてみることをオススメします。

未経験からwebライターを始めるたいと考えているならクラウドソーシングの利用も便利です。そんなクラウドソーシングの1つである「クラウドワークス」の登録方法について、実際の画像を使って紹介しています。「副業を始めたい」「クラウドソーシングを使ってみたい」「webライターになりたい」と考えているなら、参考にしてください。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする