ライターの仕事でテストライティングが行われる理由と対応時の注意!

「テストライティング」対応時の注意点について紹介します。クラウドソーシング・直接契約とも、WEBライターでは新規契約にあたり、テストライティングが行われることが少なくありません。テストライティングが不合格だと落ち込むかたもいるでしょう。対応時の注意や対応を検討するべきテストライティングなどを実務経験をもとに説明します。

【副業各種】クラウドソーシングサービス「クラウディア」の登録方法

手数料がわずか3%!クラウドソーシング型ビジネスマッチングサービス「クラウディア」に登録してみました。クラウドソーシングを活用したいものの手数料の高さが気になっているのなら、手数料が安いサービスを活用する方法があります。登録方法と、登録した上での感想を紹介します。登録の手順を紹介していますので、ぜひ試してみてください。

【体験談】Webライターで生活できる?ライター生活に不安はある?

「webライターで生活できる?ライター生活に不安はある?」と興味を持っている人もいるでしょう。気軽に始められるとして人気があるwebライターを本業にしたらどうなるのでしょうか。本人次第の要素が大きいため、体験談としてwebライターとして「生活できるのか」「不安はあるか」について紹介します。ぜひチェックしてみてください。

【分かりやすい文章作成法】コピペ率(類似度・一致率)の下げ方とは

webライターの仕事では「コピペ率」についてクライアントから指定が出る場合があります。「〇パーセント以下」といわれても下がらず「コピペしてないのに」と苦戦した経験を持つ人もいるでしょう。どんなにオリジナルの文章を書いても専門用語が多ければコピペ率は高くなるものです。この記事ではコピペ率の下げ方を実例を使って紹介します。

【記事のジャンル】覚えると比較的書きやすい記事、「債務整理」関連

Webライターが書く記事のジャンルの1つとしての「債務整理」について紹介します。クラウドソーシングを始め、記事の募集の中でも比較的多いのが、債務整理関連です。法律も絡むため難しいものの、把握してしまえば書きやすいとも言えます。債務整理の種類などを併せ、簡単に紹介します。ジャンル選びに迷ったらチェックしてみてください。

【体験談】webライターが入力速度を測った結果、2021年1月版

Webライターの入力目安は1時間に2000文字という話がありますが本当でしょうか。Webライターをするなら文字入力の速度が速いに越したことはありません。しかし文字入力の速度だけでなく、考える速度も早めていかなければなりません。そこで、実際に文字入力を測った結果とあわせ「なぜ入力速度が速いだけではだめなのか」紹介します。

【クラウドワークス】「プロジェクト」案件の応募から完了までの流れ

クラウドワークスには「プロジェクト」のお仕事があります。この記事では、クラウドワークスのプロジェクト応募から完了までの流れを、実際に応募した時の画像を使い紹介します。利用を考えているかたはぜひ参考にしてみてください。あわせて応募時の注意点についても、いくつか紹介します。トラブルなく対応するために確認してみてください。

【クラウドワークス】体験談!プロクラウドワーカー認定後の変化は?

クラウドワークスの「プロクラウドワーカー」に認定されたあとの変化と正直な感想などについて、体験談として紹介しています。認定直後の2021年1月と、2021年6月での感想です。大きなデメリットはありません。クラウドソーシングの利用を検討されている方、プロクラウドワーカーを目指している方は、ぜひ内容を確認してみてください。

【記事のジャンル】創作が得意なかたにおすすめの仕事、「シナリオ」

クラウドソーシングサービスで募集が出ているライティング案件の中で比較的単価が高いのが「シナリオ」です。この「シナリオ」の仕事について実務経験をもとに分かりやすく紹介します。まだシナリオの対応をしたことがないのなら、1度挑戦してみるのもおすすめです。記事のジャンルとしてのシナリオについてメリットやデメリットを紹介します。

【分かりやすい文章作成法】文章のクセを改善して読みやすくする方法

誰でも「話し言葉」や「文章」のクセを持っています。しかしwebライターの仕事では分かりやすい文章を書かなくてはなりません。文章の読みやすさを上げるためには良い部分を残して悪いところを改善する必要があります。そこで、クセを把握し修正する方法・対策について実例をあげて紹介します。読みやすさを上げたいなら参考にしてください。