分かりやすい文章作成法一覧

Webライターが記事作成時に注意したい誤字の実例集|文章作成法

「記事で見かける頻度が高い誤字」 の実例を紹介します。 webライターの仕事をするなら誤字には気を付けなくてはなりません。「打ち間違い」「覚え間違い」「変換間違い」 などは誰にでもあるものです。たとえ気を付けていても、誤字が生じる可能性はゼロではありません。 そこで、間違う頻度が高い誤字を知り、防止していきましょう。

記事作成時は曖昧な表現を避けて明確な表現をしよう|文章作成法

曖昧な表現をすると情報が伝わりにくくなってしまいます。そのため、webライターが書く記事やビジネス文書では「曖昧な表現」は言い換える必要があります。数字や場所などを入れて文章を分かりやすくする習慣を付けましょう。この記事では、実例を使った「分かりやすい文章の書きかた」について紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

文章で使われがちな「二重表現」とは?実例と例外を紹介|文章作成法

文章を書くときは「二重表現」になっていないかを意識する必要があります。記事を書くなら可能な限り、二重表現は避けましょう。この記事では「二重表現」について、実例を使って説明しています。また例外についてもいくつか紹介しています。これから「読みやすい文章を書きたい」と考えているなら、ぜひ記事の内容を参考にしてみてください。

【分かりやすい文章作成法】オリジナリティの高い文章を書き続けよう

webライターの仕事ではオリジナリティの高い文章を書き続ける必要があります。参考文献を確認しながら記事を書く場合も、オリジナルの文章で書かなくてはなりません。この記事では、なぜオリジナルの文章を書くべきなのかについて、紹介しています。これからwebライターの仕事を始めたいと考えているなら、ぜひ参考にしてみてください。

記事作成にあたり覚えておきたい引用のルール4つを紹介|文章作成法

webライターの仕事では「引用」を行って説明する場合があります。もし引用する場合は、きちんとルールを守らなくてはなりません。そこでライティングの仕事で引用を行う場合に把握しておきたい「引用のルール」を4つ紹介します。現在対応中の仕事で引用を使わないという人もいるかもしれません。しかし引用のルールは把握しておきましょう。

【分かりやすい文章作成法】盗用はNG!盗用と引用の違いを知ろう!

webライターの仕事をするなら記事の盗用は絶対にしてはいけません。そこで、文章の盗用をしてはいけない理由を、実例をあげながら紹介します。また「引用と盗用の違い」についても詳しく説明しています。これからwebライターを始めたいかたや、始めたばかりのかたは、ぜひ内容を確認してください。文章の引用時には、気を付けましょう。

Webライターの仕事で文章を書くなら文体を統一しよう|文章作成法

文体(常体・敬体)を統一すると読みやすさが上がります。混在させると読みづらい文章になってしまう可能性があるので要注意です。webライターの仕事ではあらかじめ指示書で指定が入る場合もあります。実際の文章を使い、それぞれの口調について紹介します。また例外も説明しますので読みやすい文章を書きたいかたは参考にしてみてください。

記事作成で使う「PREP」法と起承転結の違いについて|文章作成法

ライティングの仕事で求められることがある文章作成方法の「PREP」を分かりやすく説明します。また、あわせて「起承転結」などについても紹介しています。webライターの仕事をするならPREPを覚えておいて損はありません。これからwebライターの仕事を始めたいと考えているなら、ぜひPREPで文章を作れるよう練習しましょう。

開く?閉じる?記事を書く時の漢字の使いかたを見直そう|文章作成法

読みやすい文章を書くための方法として、ライティングの仕事における「漢字の使いかた」について説明している記事です。漢字を「開く」「閉じる」、どちらが良いのか、実例をあげて紹介しています。さらに「小説の場合」や「例外」などについても紹介しています。もし漢字の使いかたについて悩んでいるなら、ぜひ記事を参考にしてみてください。

1行あたりの文字数は基本的には「少なめ」を意識しよう|文章作成法

webライターとして記事の依頼を受けると、1つの文章での文字数を指示される場合があります。1つの文章が短いと内容が分かりやすくなります。そこで実例を使い分かりやすい文章の文字数について紹介します。文章を書くのが好きな人は長文を書きがちな傾向にあります。長い文章を書く傾向にある人はぜひ記事の内容を参考にしてみてください。